2013/03
10
[ #469 ]

お花見 第一弾

 先日広島市内に出かける用事が有り、その用事も存外に早く片付き天気も良いという事で、こちらに立ち寄りました。
 
現美

 

 比治山に在る、広島市現代美術館。
  
 ほんの少しですが桜餅、パン、スパークリングワイン等を買い込み・・・。
 一寸したピクニック&お花見気分です。

 桜餅

 
 美術館周辺に梅の木は少なく、桜には当然早かったのですが、ポカポカ陽気で気持ち良かったですね。


 それから、美術館で行われていました特別展示を鑑賞・・・。

 「路上観察をめぐる表現史 考現学以降」 非常に気になっていました展示です。


 非常に楽しかったですね。

 特に入り口を入って直ぐの”今和次郎と吉田健吉”のブース、次の展示スペースの吉田健吉のブース。
 完全に私好みです。

 この辺りが調度”考現学”の展示でしょう・・・・。

 最高です・・・・。


 大正15年の銀座のカフェの女給さんの衣装の比較とか、当時の銀座の商店地図、更に銀座を歩いている紳士淑女の服装調査とか・・・。ピンポイントに私の好み・・・。

 更に戦後のバラックの建て方とか、上野公園のホームレスの観察記、深川貧民窟の商店の品物の調査とか、早稲田・慶応・東大のキャンパス周辺の商店の配置・・・。

 某食堂の食器のヒビの入り方の考察なんて・・・、笑えます・・・・。


 この只々しつこく調査、観察、記録する姿勢と結果・・・・。
 完全にシンパシー感じます。



 それに比しますと、地階の80年代の展示は少々自己主張が強すぎると言いますか、軽薄と言いますか・・・。
 (まあ時代なのかも知れません・・・、パフォーマンス・自己表現何て言葉が流行った時代でも有りますしね・・・、某雑誌のVOWとか・・・)


 それはさておきこの展示・・・・、お勧めですよ・・・・・。


 ますた

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :