2013/04
03
[ #479 ]

花を横目に・・・

 久々まともにバイクに跨りました。

 冬の間はメンテの都合で跨るか近所に出かける程度で、まともに跨るのは4ヶ月振り位といった具合。
 乗り方を忘れてしまいそうで、本格的に暖かくなって来た事もあり、引っ張り出してやる事にした訳です。


 基本的に夜行性の私ですので、少し遅めに家を出・・・、気の向くままに向かった先は・・・。


 橋

 音戸町です。

 第二音戸大橋開通の報を耳にし、一寸眺めにと言った具合です。
 2本の音戸の橋を近くで見ますと・・・・。

 橋2

 せっかくここに来ましたので、気になっていました旧音戸(隠渡)遊郭の大門の痕跡を探したのですが、結局見つける事は叶わず。(地元の方に大体の場所をお聞きしたのですが・・・・、センス無いのかな?)


 気を取り直し、そこから南に向かいバイクを走らせます。 

 倉橋の南端、鹿島辺りへ・・・。

 倉橋島、至る所に桜やこぶしが花開いており、それを目の端に捕らえながらの走行、瀬戸内の島々、結構桜が植えてあるのです。


 この辺り、若い頃に良く水上オートバイで来ていました。

 音戸大橋やこの橋の下も良く潜った物です。

 堀切橋


 閑話休題、鹿島周辺は古くからの重要な港。

 地理的位置、地形に鑑みてもそれは想えますし、室尾なんて地名もそれを象徴している様に思えます。
 (瀬戸内、室の付く地名が多く・・・、室尾、室津、室積、沖家室・・・。それらは昔、街道筋に駅が設置された物の海版という事でしょう・・)


 バイクを止めてみたのは、宮ノ口という鹿島の突端の集落。

 典型的な漁村集落といった風情ですが、想った以上に活気が有ると言いますか、子供たちが遊んでいたり釣りをしていたり。
 海の傍で育った私としては何とも癒される空気感です。
 
 宮ノ口2


 また、立派な段々畑も在ります。

宮ノ口

 こうした段々畑や棚田が私としては「美しい日本」の風景の代表的な物に想えるのです・・・。


 長居はせずにUターン、鹿老渡~室尾の街並みも少し眺めさせて戴きます。

 鹿老渡は、こんな感じ・・・。

 鹿老渡  鹿老渡2  鹿老渡3

 廻船で栄えた名残をなまこ壁に感じます。


 室尾では・・・。

 室尾  室尾2

 海端の集落らしく迷路のように小道が入り組み、いかにもといった雰囲気です。


 また、各所とも漁村集落らしく・・・・。

 見返り美猫  猫会議

 こんな物にも出会えます。(何、撮ってるんだか・・・)



 そうこうしている内に小腹もすきましたので、此処まで走って昼食(カレー)とすることに。

 術科学校桜

 海自、第1術科学校の一般公開です。


 此処を訪れるのは、義務教育(小学校)時代の社会見学以来ですかね・・・。


 是を観るのも久々です。
 特殊潜航艇

 他こんな物も
 45口径40cm


 また教育参考館も見学、内部には東郷平八郎元帥の遺髪が(御神体として?)奉られてもいます。

 たまにはこうした場所を訪れ、色々考える事もよいかも知れません。


 その後は倉橋南端の鹿島とは逆に、江田北端の切串迄走って帰宅。
 
 今シーズンの乗り始めはこんな感じ。

 未だ本調子ではない感じで、一寸、恐々走って来ました。

 
 
 
 追記。


 切串といえば、少し前にいやな事件がありました。中国人研修生が雇い主他を刺殺した事件です。


 私が生まれ育った町も牡蠣の養殖が盛んなところ、伯母の中にも冬場には打ち子の仕事をしている人も有りましたし、私自身も水産関係のバイトをした事があります。

 そして現在、私が育った町でも打ち子の多くが中国人であるとか・・・・。


 バブルの頃からですか・・・。3K(危険・汚い・キツイ)なんて言葉が語られる様に成ったのは・・・。
  (給料が安い・聞こえが悪い、を加え5Kとも言いましたが・・)

 そして多くの人々がそうした仕事を避けるようになり、対処療法的に外国人研修制度等で安い労働力として外国人労働力を輸入し始めたのでしょうが・・・・。

 その対処療法的行為のつけですかね・・・・。(手配の費用とかを考えますと、本当に安いのか?とも想いますが・・・)


 しかし想えば64年の東京オリンピックに向けた東京の発展も、東北からの出稼ぎの労働力に寄って支えられていた訳ですし、明治の近代化だって”女工哀史”では無いですが、そうした人々に支えられたわけですしね。
 現代という時代(或いは近代化、資本主義)とは結局そういった物なのかも知れません。

 ヨーロッパも移民労働者の増加~失業率増加・・・等々苦しんでいる様ですし・・・。


 振り返って江戸時代、江戸の町が景気が良くなり、他の地方から流入する人々が増加した折には、”人返し令”等で、都市部の人口を減じる政策を採ったり、景気が良くなりすぎると改革等で景気抑制をしたり・・・。

 現代とは全く逆の事をしていた訳で・・・。

 
 ・・・・何だか、考えさせられますね・・・・・。


 夜の飲食業という、ある面3K以下の仕事の人間の戯言ですが・・・。

  

スポンサーサイト

タグ :   街並み  /    /    /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :