2013/08
02
[ #518 ]

戯言 8月

 毎日暑いですね。そこで、この暑い日本の夏で思い付くのは ”怪談” ですかね。

 最近では”怪談”なんて言葉を耳にする事も減った気もしますが・・・。どちらかといえば”ホラー”と呼ばれたり。 ホラー映画、ホラー小説、ホラー文庫・・・。また”妖怪”という物の方が一寸流行りの様ですしね。
 確かに妖怪は一寸アニメ的で現代の風潮には合いやすいのかも知れませんし、お子様受けもしそうで流行っているのかも知れませんが、しかし私のような一寸古めの人間には、やはり”怪談”の方が気に成るのです。

 
 そこで日本の怪談といいますと・・・、代表的なところでは、・(東海道)四谷怪談 ・(怪談)牡丹灯篭 (番町)皿屋敷 といったところですかね。
 他、・(真景)累ヶ淵 ・(鍋島の)化け猫騒動 辺りを入れても良いかも知れません。

 ハーンの「怪談」とか、雨月物語、といった意見も有りそうですが、怪談=怪しを談ずる、と成るとやはり語り物、読み物が思い浮かんでしまいます。


 上に挙げた5つの怪談話もそうした語り物、浄瑠璃(歌舞伎狂言)や落語で世間に流布した物でしょうし、それ故か、何れも少し似通った雰囲気を要している様に思えるのも確かなのですが、しかしこの雰囲気が私としては如何にも日本的で少し安心するといいますか、一寸嬉しいような。(子供の頃にはそうは思わなかったのですが・・・、落語も歌舞伎も大人の娯楽という事なのかも知れません)

 これらの怪談、何れも基と成るエピソード・事件等が有り、それが読み本等で世間に流布。更にそれを南北とか馬琴辺りが、当時の庶民好みの物を色々と習合させて浄瑠璃(歌舞伎狂言等)に仕立てて、更に幕末から明治に架け三遊亭圓朝が落語として完成させ、またそれが歌舞伎となったり、更に後には映画となったりしたのでしょうから、日本の怪談、実は圓朝スタイルといっても良いのかも知れません。似か寄るのも当然と言えば当然なのでしょう(圓朝の落語となると、それが速記本となり、日本語速記の嚆矢・・・、更に口語文語の一体化表現として我が国の小説に多大な影響・・・云々といった面も面白そうなのですが・・・)。


 閑話休題、これらの怪談で私が最も興味を惹かれるのは、実は「累ヶ淵」なのです。

 その理由は色々と在るのですが・・・。

 先に、これらの怪談は基となる出来事等があり、それが読み本等となり、歌舞伎や落語として流布した・・・、等と書きましたが。
 例えば・・・。
 ・四谷怪談、 元禄頃に田宮又左右衛門の娘”岩”が浪人を婿取りするが、其の浪人に一方的に離縁され狂乱したというエピソードが基に成っていた筈で(この時点では幽霊は関係ない)、それが後に怪談となり鶴屋南北が東海道四谷怪談として歌舞伎狂言とする。(この時点で当時の庶民好みの話が多数盛り込まれ今の形になるのでしょう)
 
 ・牡丹灯篭・・・、中国、明時代の小説が基で、京伝等が戯作化し、圓朝が落語化・・・。

 ・(番町)皿屋敷・・・、日本各地に有った皿屋敷伝説と、延宝年間の旗本書院番大久保彦六の下女の自死の話が合わさり怪談に成った物。

 ・(真景)累ヶ淵・・・、寛文12年、下総の羽生村で起きた事件が、死霊解脱物語聞書という本にまとめられそれが、歌舞伎や、落語となる。

 ・(鍋島の)化け猫・・・、全国各地にあった化け猫伝説に、竜造寺氏一族の家老格だった鍋島氏が、竜造寺一族から家を乗っ取った史実を重ねて怪談にした。
 
 簡単に書けばこんな感じでしょうが、この中で”累ヶ淵”のみが、基と成る事件自体が既に怪奇現象であり、それが”聞書”という、ある種ノンフィクションにまとめて有るのです(それ以外は基の事件は怪奇現象では無いと思われる・牡丹灯篭は基が小説)。
 
 
 この基となった羽生村の事件&其の聞き書き(ルポルタージュ?)の関係が実はかなり現代的な様にも思え、興味を惹かれるのです。


 という事で「累ヶ淵」という怪談の話を書きたかったのですが、長くなりましたので続きは次回に・・・。

 ますた

 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :