2013/08
08
[ #520 ]

ツーリング気分

 天気予報を聞いておりますと、立秋(8月7日)辺りから10日間程猛暑日が続くとのこと。
 いい加減にしてくれよ・・・といった気持ちですが、文句を言っても仕方ないので此処は一つ猛暑の中、バイクに跨りしっかり夏を感じてやろうという事に。

 
 夏という事なので出来れば海の存在を感じれる場所が良いか?と”島”に向かう事とし、弓削島に・・・。

 弓削島、江戸後期辺りから、潮待ち・風待ち等で名前の挙がる島ですので、そうなると潮待ちの港に付き物の”色町”の気配の残る場所でも有るか?というのがその理由。
 (一説に拠れば、最盛期には13軒の茶屋が存在したとか・・・?)
 (昭和初期の遊郭一覧には記載されてはいませんが・・・)


 何はとまれ車庫からバイクを引っ張り出し、ルートは無難に三原バイパス~尾道バイパス~しまなみ街道を選択。
 しかしこれが、三原バイパスの東の終点少し前、トンネルの中で渋滞ストップ。
 私のバイク、整備性向上の為電動ファンが外してありまして・・・、見る間に水温上昇、強制的にアイドリングストップ運動・・・。
 それも尾道バイパスに入ってからは順調に流れ、無事因島に到着。弓削には、家老渡からフェリーで渡る事に(その昔、家老が渡る場所で家老渡の名になったとか・・・)。
 この家老渡、以前にも書きましたが小説「悪名」の中盤に登場する家老渡遊郭の有った場所。今でも其の雰囲気が少しばかり感じられます故フェリーに乗る前に一寸立ち寄り・・・。

 家老渡  家老渡2


 
 家老渡~上弓削のフェリーはこんな感じ。

 家老渡~上弓削フェリー

 フェリーと言うより”渡し”と呼びたいこじんまりした船ですね(地元の方達も”わたし”と呼ばれるとか)。 手前が因島=広島県、向こう岸が弓削島=愛媛県と成ります。

 しかし、バイクでフェリーに乗るって一寸良いですね、何となく旅行(ツーリング)している気分に浸れます。

 フェリーにて


 上弓削の港に着き、観光パンフレットでも・・・と思ったのですが、上弓削の船着場見事に何も無いのです。仕方なく行き当たりばったり周囲を散歩。
 
 色町の風情を感じさせる建物等は見当たらない感じですが、路地や其の周辺の建物等、適度な歴史を感じさえて呉れる街並みも存在します。

 意匠

 こうした意匠を持った建物が目に付きます。


 また”願成寺”というお寺に遊女墓が在るという話も小耳に挟んだ事もあり・・・。

 願成寺

 山門を潜り一寸墓所を覗かせていただきます、が、大量の墓石・墓所。唐突に遊女の墓はどれですか?等と訪ねる訳にも行かないですし、それより何より、強烈に暑いのです。フェリーの上は涼しかったのですが陸地を歩くと、まさに猛暑。で、早々に立ち去る事に。

 なまこ壁 路地

 こんな感じで一寸した街並みを愛でる事も出来ましたし・・・。


 其処から下弓削の港に移動。此処は少し港らしい港、観光案内の看板を観て見ますが”古い町並み”といった物は無さそうです・・・。
 それに何より暑いのです。
 という事で早々に帰る算段、弓削大橋~生名大橋と走って今度は立石の港から因島に帰る事に。

 途中、この辺りに立ち寄り。
 
 砂浜

 佐島の南の端っこに在った砂浜。(酒飲みって端っこを目指してしまう気がします)

 
生名サーキット

 「生名サーキット」、個人の方が造られたミニバイク用のコース。80年代・90年代のバイクブームを思い出しますね。

 麻生イト像

 「麻生イト」の像。「悪名」にも登場される、因島の男装の女親分。
 彼女が私財を投じ造ったとされる三秀園も今は荒れるにまかせてある様子、時の流れを思います。


 そんなこんなで、夜に店を開けなければという事もあり早々に帰途に。
 往路と同じルートをはしりますが、途中”稲光”っと思ったとたんに夕立、目に付いたパチンコ屋の立体駐車場に緊急非難。土砂降りに成る前に何とか逃げ込めました。

 雨

 
 ふと横をみますと先客が、ツーリング中らしいバンディット250(かな?)。二言三言言葉を交わし揃って雨宿り。これも何だかツーリング気分。
 
 そんな半日でした。
 

スポンサーサイト

タグ :   バイク  /   街並み  /    /

バイクで散歩CM(2)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  徳島   |   MAL WALDRON  ≫
倉橋島の端っこ?には鹿老渡(かろと)があります
今は橋が架かってますが昔はその先の鹿島に渡る場所なのでそんな
名前なのかな?と思ってました
因島の方にもよく似た地名があったとは…
知りませんでした

14時すぎに はおっち さんから

2013/08/11(日) | URL | #-

2013/08/11 - ■■■

倉橋の方の家老渡も今年の春に桜を探して行って来ました。そう、地名ってのも面白いのですよね。

09時すぎに ますた さんから

2013/08/12(月) | URL | #-

2013/08/12 - ■■■

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :