2013/09
15
[ #531 ]

浮世絵展

 時間を遣り繰りし、この展示を観て来ました。

 歌麿


 「歌麿とその時代」 ~黄金期の浮世絵 美人画と役者絵~

 場所はふくやま美術館。



 実は2年半ほど前にこの様な展示を観た事が有ります。

 浮世絵展

 「歌麿とその時代」 ~江戸の華 美人画と役者絵の世界~


 同じ展示じゃないですか・・・?と言われそうですが、そうなんです。実は私、結構しつこい性格で、たまにこの様な事(同じ企画展示を再訪)をやります。

 同じ企画とは言いましても、開催される美術館の規模等に拠り展示の入れ替えが有ったりで、微妙に違いが有る事が多いですし、また私自身の心持ちが違ったりと、意外と面白いのです。
 今回の展示も前回島根で観たときよりも点数が若干多目だったと思います(まあ島根の展示が入館料¥500、今回が¥1000ですからね・・・)。
 また島根では全作品ケース内展示であった事に対し、今回、刷り物に関しては額装展示、ありがたいです。(肉筆物に関してはケース内展示、出来ればこれをもう少し硝子寄りに展示していただければ更にありがたかったのですが・・・)

 更に今回は、京伝の”吉原傾城新美人合自筆鏡”が全項展示されていたのが嬉しかったですね・・・。
 中右コレクション物という事で、解説等は一寸緩いのですが・・・、それはそれで観易い面もあるのです。

 なんだかんだ言って展示カタログも衝動買い。気になる方おっしゃっていただければ、店に置いて置く心算ですので・・・。

 因みに島根で観た時の感想はこちら

 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :