2013/10
02
[ #542 ]

Make Up

 一週間程前、初めての体験をしました。

 それは、メイク。



 そういった趣味に目覚めたのですか?等と言われそうです・・・(もしそうなら、それはそれで良いのかも知れませんが・・・ 笑 )。

 実際は、最近ダンスを教えていただいております教室の主催で、東京から専門家を招いてデモ・コンペ用のメイクの講習会を実施するという話を聞き、何はとまれ後学の為にと参加させていただいた訳です。

 講習会


 最近の若い男性等は当たり前に髪型なり、脱毛なり、ちょっとした化粧なり、身だしなみにかなり気を使われていらっしゃる方が多い様に思えますが、私の様な世代は”男がリンスだ~!?” なんて時代でしたので、やはりなんと言いますか、一寸恥ずかしいのです。

 そうした気持ちを抑えての体験。

 手順としては、恐らく女性一般になされている物とあまり変わらないのだろうと思うのですが・・・。

 クレンジングで汚れを落とし⇒(ベースクリーム)⇒ファンデーション&パウダーでベースメイク ⇒アイブロウペンシル&カラーで眉をメイク ⇒(目元にパール系ハイライト) ⇒ ノーズ&アイホールにシャドウ ⇒アイライン ⇒ アイシャドウ ⇒ チーク ⇒ マスカラ・リキッドアイライン ⇒ (付けまつげ) ⇒ (ルージュ) ⇒ リップ・グロス・・・・・。

 といった具合であったと記憶してます。( )は女性のみ。

 やはり、少々面倒&恥ずかしいです。手も上手く動かない。
 何より、鏡で自分の顔をしっかり見なければならないのが恥ずかしいです(どういった心理作用でしょうか)。


 ダンスのデモやコンペに出るのであれば、この辺りから楽しまなければいけないのかも知れませんし、恐らく女性の方はそれを楽しんでいらっしゃるのでしょうね。


 実際にコンペ等に出る場合のメイクをするかどうかはさて置き、一寸恥ずかしい気持ちもありましたが良い経験をさせていただきました。
 化粧をする女性の手間・苦労・気持ちなんて物も少しだけですが想像出来た様な気もします・・・。

 因みに、眉をこんな感じで描きました。

 眉

 癖になったらどうしよう・・・。

  

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :