2013/10
09
[ #544 ]

おしゃれ展

 先日、連れ合いとこの様な展示を観て来ました。

 おしゃれ展
 


 日本のおしゃれ展 ~池田重子コレクション~

 場所は最近訪れる事が多い気のする「奥田元宋・小由女美術館」。


 そういえば8月には、こんな展示を覗いた記憶も有ります。

 パンフ   キモノ・ビューティー

 最近この手の展示が多い様な・・・。


 それはさておき感想ですが、あまり時を置かず2つの似通った企画展を観ましたので、どうしても比較してしまう様な事になってしまいます。

 で、グラントワで有りました”キモノ・ビューティー”。副題が、”シックでモダンな装いの美 江戸から昭和”となっておりまして。言ってみれば着物文化史的展示と言いますか、着物という物それ自体の美・美しさ・発展変化等を楽しめる展示で有ったという印象。
 対して今回の展示は、テーマに”おしゃれ”とあります様に、”着こなしの美”、といった面に主眼が置かれている印象。

 個人的な意見としては、キモノ・ビューティーの方が男性向け?おしゃれ展の方が女性好みでは?という印象でした。

 
 また、展示を観て頭に浮かんだのは、”おしゃれ”とは何だ?その定義?とは・・・。なんて事。
 例えば最近、「わぁ~、おしゃれ~」なんてセリフが飛び交う印象が強いのですが、では?”おしゃれ”って何? なんてね・・・。
 男性だと「洒落てんね~」何て言葉を発しそうですから「おしゃれ」という単語自体、女言葉という気がしますし、それ故かこの”おしゃれ展”、女性向けな展示という印象を受けたのかも知れません。


 まあ、”おしゃれ”という言葉の意味・・・?。それこそ現代の日本(の若い女性)なんて殆どすべての物事、「カワイイ~」の一言でぶった斬りですから。そこで、”カワイイ~”って何?等と聞くこと自体が野暮(天)の極みと言いますか、無粋なのであろうとは思います・・・・。

 
 等と”無粋”なんて表現を使って仕舞いましたが、では粋(スイ)或いは江戸風に粋(イキ)ってわかるの?あるいはそれこそ洒落(しゃれ)って・・・?

 定義付けをしようとしない方がいい感じですね。やっても良いのですが、凄く面倒くさい事になりそうなので書かない事にします。 (笑)

 唯そこには、”適度な(良い意味の)遊び心”といった物は必要な気はしますよね・・・。

 と、まあ。相変わらず面倒くさい事を考えてしまった私です。


 因みに、当日の連れ合いの帯はこんな感じでした。和装
 (私は適当なな服装)


 更に帰りがけ、歴史民俗資料館に立ち寄りますと、駐車場にこんな物を発見。

 屋形船

 鵜飼で使われていた屋形船だそうで・・・。


 こんな船で、和装の綺麗どころに囲まれて、チン・トン・シャン・・・、何て・・・やりたいですね。

 ( 馬鹿丸出しですな・・・ )

 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :