2014/03
05
[ #584 ]

CATHERINE BOTT

 前回から古楽繋がりで・・・、

        trubadours.jpg

 「Sweet is the song  Doux est is chant」    CATHERINE BOTT
 



 トルバドール・トルヴェールのCDです。

 以前、西洋にトルバドール=吟遊詩人と呼ばれる人々がいた、と知り購入したアルバム。

 吟遊詩人という言葉から思い浮かぶのは、例えば我が国ですと瞽女とか、新内、浮かれ節、門付け、聲明・・・といった弦楽器(例えば三味線等、西洋だとリュートとか)を携えた遊行芸人的な物だったのですが、トルバドールは少々異なり、宮廷詩人とも約される事もある様に、中世フランスの宮廷文化・社交文化に置ける歌い手といった存在の様です。

 
 そしてこのアルバムも宮廷歌曲が主体。また、伴奏(楽器)は無く独唱です。
 しかしこれはこれで興味深いのです、独特の旋律といいますか、うねりの様な物が感じられ・・・。
 また独特の響きを感じるのは、城や教会の様な空間で歌われているのかも知れません。

 有難い事に歌詞の日本語訳も付いておりまして、当時の宮廷文化の中で好まれていた物語の雰囲気の様な物も想像出来まして興味深いのです。特に世俗的な作品等は、いかにも宮廷の女性・女官の方々が好まれそうなロマンティックな詩となっていましたり・・・。
 何といいますか、ある種の(世俗的?)高尚さや純粋さを目指している感じで・・・、(好き嫌いはあるでしょうが)興味深いです。


 因みにトルバドールは南仏系、トルヴェールは北仏、独逸に伝わりミンネジンガー、それが後少々世俗化しマイスター・ジンガー。遊行芸人的人々の物はジョングルールとか・・・。

 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :