2014/04
03
[ #594 ]

JOAO QUEIROZ

 コインブラ ファドのアルバムなのですが・・・。

      coimbra.jpg

 「COIMBRA Fados Baladas」   JOAO QUEIROZ



 十年ほど前リスボンのカサ・デ・ファドに行った折に歌って下さったのがこの方。雰囲気のある声という事で買って帰ったCDです。拠ってサイン入り。

 カサ・デ・ファドの出演者ということで、日本で言えば民謡酒場の歌手?的な面も有るのかも知れませんが・・・、その分いかにも、といった感じで結構良いのです。


 閑話休題、コインブラファド。基本的に男性ボーカル+ポルトガルギターといった構成で、その嚆矢はコインブラ大学の聖歌隊に由来するとか、そこの学生が恋しい女性の部屋の窓の下で唄った物が始まりであると言われているそうで・・・。
 リスボン周辺の女性ボーカルの物のロマ音楽的雰囲気を感じさせる物とは、又違った魅力を感じます。
 私個人としては、トルバドールやミンネジンガーの延長線上といった存在にも思えたり・・・。(あるいは日本の新内の様な雰囲気とか?)


 どちらにしろこうした古典的(弦)楽器+唄といったシンプルな構成の楽曲、少し惹かれる面があるのです。

 現代の多くの楽曲と異なり、楽器がメロディーを奏でるのではなく、どちらかといえばリズムや情景・雰囲気等に限定され、メロディーや節回しは歌い手の表現に任せられるといった形態のもの・・・。
 語りに節が付いて自然発生的に”唄”等になった様な物といいますか。プリミティヴな形態の音楽といいますか。(ラップは苦手ですが・・・)

 もしかすると子供の頃聞いた地域の盆踊り唄(確か”くどき”と呼ばれていましたが)の記憶が呼び覚まされる故かとも思ったり・・・。


 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

ファドはメディアでしか聞いたことがありません
日本にマリオネットというポルトガルギターのデュオがおられます
私の年上の友達が大ファンで私も聞きに行ったことがあります
なんとも言えない音色が心を掻き立てますね

11時すぎに はおっち さんから

2014/04/06(日) | URL | #-

2014/04/06 - ■■■

 そう、ファドの音色って一寸惹かれるのです。

13時すぎに ますた さんから

2014/04/07(月) | URL | #-

2014/04/07 - ■■■

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :