2014/05
07
[ #606 ]

賀儀城辺り

 GWもアッという間に終わりましたが、私の様な職業の人間にはあまり関係は無かったりなのです。
 基本的には略毎日カウンターの内側に立っております訳ですから。
 しいて挙げればGWに中1日だけ、連れ合いをバイクの後ろに乗せて近所を散歩した事ですかね。


 向かった場所はこちら、賀儀城址。

  賀儀城跡

 忠海にあります浦宗勝由来の水軍城址です。

 賀儀城看板



 先日あるお客様に「村上水軍の娘」という本を貸していただき、夫婦して読んだばかりということもあり、訪れて見る事にした訳です。


 この場所、国道から細い道を入って行かねばならず、4輪車では一寸躊躇してしまう場所。その分、人の気配も少なくお気に入りの場所の一つなのです。
 当時の水軍の砦の雰囲気もよく解り、また建物が無く城址のみ残っているという事も私好み。


 直ぐ側には、同じく宗勝由来の床浦神社も在りまして、地形も含め当時の事に思いをはせたり・・・。

 床浦神社

 床浦神社看板



 折角ですので、賀儀城の本丸跡まで登ってみますと、わずか20m程の高さですが360度の眺望が開けます。 
 今では、周りの樹木が伸びまして少々視界の邪魔ですが、往時はこの上に更に砦が築かれていたのでしょうから、そこに登れば更に眺望は開けていたでしょう。

 
 南東南西

 (下手な写真で申し訳ない)

 
 
 実はここに至る前、本郷~三原~幸崎と走り、三原城址の天守台跡にも立ち寄ったり・・・。

 三原城址 三原城址2

 
 三原城址。JR(旧国鉄)が本丸跡を貫き、更に天守台南半分は新幹線ホームの下となっております。
 (拠って、天守台に揚るには駅の建物の中からです)
 非常に個性的な城なのですがね・・・。


 福山城址もそうですが、基本的に広島県の街、城下町の割りにその風情(文化)が余り残っていないのは、この辺りにも象徴されている気もします。(明治維新時やその後の立ち位置、歴史にも拠るのですかね?)


 そういえば、幸崎の能地の港も埋め立てられていたり・・・・。(この能地者の漁師等が宗勝の水軍の中心であった記憶が在るのですが・・・)



 これら含めこの周辺、探せば水軍やそれ絡みに歴史や遺構が多く、その辺りの事に想いを馳せるのも結構楽しいのです。



 追記

 しかし、お借りして読ませていただいて何ですが、「村上水軍の娘」、本屋大賞受賞作の割にはまとまりに欠けると言いますか、同じ作者の物であれば「のぼうの城」の方が圧倒的に出来が良かった印象。
 どうも最近の”賞”物、何だかね?という気がします。
 一寸あざといと言いますか、作為的といいますか・・・・。
 穿ち過ぎですかね?
   
 

スポンサーサイト

タグ :   バイク  /    /   城跡  /   寺社  /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :