2014/05
20
[ #610 ]

またまた京都

 この日月と京都に行って来ました。ここ数年行なっておりますバカナリヤの旅行です。

 前回同様、新大阪の新幹線改札を出た所で一時解散、自由行動。

 夕方、ホテルロビーで再集合、現地集合組も合流し、夜は何時もの”コレ”です。




 舞妓



 その後はめいめいバーホッパー(バーフライ)。



 そして次の日は、こちらで集合。



 山崎


 そうなりますと、〆はやはり・・・、



 飲み比べ



 こうなるのです・・・・。

 



 追記 (旅行詳細 1 )

 今回、東広島からの同一行動組は8名、新大阪駅の新幹線改札を出た処で皆様に在来線用の乗車券を手渡し一時解散とします。

 皆様それぞれに目的とする場所が有られる様で・・・。
 (詳しくはお聞きしていないのですが、美術館・神社仏閣・呉服屋・銭湯・水族館・街歩き・昼飲み・市場・・・・?)
 
 当然私も目指す場所はありまして・・・。


 一人電車を乗り継ぎ辿り着いたのは・・・・、こちら。


 宝山寺

 奈良県は生駒山中腹に在ります”宝山寺”という場所。


 商売繁盛の祈願に訪れる方の多い寺ですが、この門前町が中々私好みの雰囲気を漂わせていると、以前お客様にお教えいただいた記憶があり訪れて観たのです。

 確かに宝山寺、商売繁盛以外にもこのようなものも祀られているようで・・・。

 宝山寺案内

 期待して、周辺を散策・・・。


 今は昔ですかね?こんな物が  宝山寺プレート  確認出来ましたので確かにそうした面もあったのでしょうが、現在妖しい雰囲気は殆ど無いですね。

 日本のケーブルカーの嚆矢と言われる生駒山ケーブルの車両もこんな姿ですから、

 生駒ケーブル

 妖しい雰囲気があっても不味いでしょうしね?

 勿論、私の散策の仕方が下手なのかも知れませんが宝山寺周辺、急傾斜の道ばかり、一時間半睡眠の体調でじっくりとは少々厳しいのです。

 宝山寺参道

 
 という事で、早目に次の目的地、奈良市に移動します。
 奈良はある面京都以上に歴史の古い街。少し歩いてみようという事です。

 ここでは先ず、ならまち辺りから・・・。

 奈良市は見番が生きているようです。また、歌舞錬も・・・。

 元林院見番  元林院歌舞錬

 周辺地域、見番が生きているだけあって花街らしい空気が残っています。

 元林院建物  元林院路地

 嬉しくなって結構ウロウロ。唯、日曜日という事で人出が多いのが少々辛いです。
 そこでこちらに移動。



 木辻
 

 木辻遊郭跡です。
 この辺り、往時の建物は殆ど残っていない様子、しいてあげればこれくらい。

 静観荘  木辻銭湯

 唯、周辺の地形や雰囲気に、少しですが”らしさ”は感じられます。

 
 流石にこの頃になりますと歩き疲れで喉も渇き・・・。京終駅で電車待ちの間に昼食代わりに缶ビールを一本(大丈夫か私?)。ここから、JRで京都市内を目指します。

 京終駅



 途中、乗り換えも兼ねこちらの町並みも散策。

 中書島

 中書島(遊郭跡)です。
 中書島は伏見の南の地区、宇治川と運河に囲まれ中洲の様になっています。その昔この周辺から大阪に向け、三十石(や二十石・十石)船が出ていた場所で、河岸町という事で古くから船宿等が有り、竜馬で有名な寺田屋も近くです。
 (上方古典落語の三十石船。往時三十石船の船頭には安芸者が多く、落語でも船頭の台詞は広島訛りでやるのが良いとか・・・?)

 観光用に十石船が舫ってあります。

 十石舟

 この側の”べんてんばし”が恐らく往時の遊郭入り口。
 昔の遊郭跡を少し散策してみますと・・・、
 今は基本的に住宅地となり、駅近くの表通りに飲み屋が少々といった感じ、古い建物は殆ど無いですね。
 こうした場所の定番、銭湯が目に付く位。

 中書島煙突

 唯この地域、京阪中書島駅という特急も停まる立派な駅の直ぐ側に在りながら、この区域内だけなぜか未舗装、地道です。これが名残という物ですかね?中々不思議な雰囲気です。

 中書島路地




 そして夕方5時前、ようやくホテルの部屋にたどり着きました(いったい何時間歩いたのでしょう)。
 しかしメインイベントはこれから、冷たいシャワーで火照った体を冷やし気合を入れなおし夜の京都に出撃。

   
 何時もの花見小路で参加者全員揃い、お約束のこれです。

 芸妓

 さらにこれです。

 お座敷遊び


 宴会終了の後は、めいめい夜の街に散って行きます。私はまたまた歩き回って4軒程のバー立ち寄り・・・。ベットに潜り込めたのは・・・?
 何時だったろう?

 2日目につづく・・・・。  

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  またまた京都 2   |   文明と文化  ≫
あら
来阪されてたのですね
山崎ですか?
楽しみに待ちます

06時すぎに はおっち さんから

2014/05/22(木) | URL | #-

2014/05/22 - ■■■

 はおっち様、一日目の事を一寸追記しておきました。宜しくね。

11時すぎに ますた さんから

2014/05/22(木) | URL | #-

2014/05/22 - ■■■

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :