2014/06
20
[ #621 ]

富士の山

 もう一月程前の事ですが、富士の山を見に行って来ました。

 本栖湖より
 

 河口湖より  白糸の滝から


 西日本に暮らしていますと観る機会も少なく、一度はじっくりと観てみたかったのです。

 ユネスコ世界遺産に登録されたという話も耳にしましたが、それとは関係無くですね。(どちらかと言いますとユネスコ世界遺産登録って、結局は英米の価値基準に取り込まれたという事でしょうから・・・。私としては日本人として日本人的に富士を愛でる事が出来れはそれで十分という気がしますので、逆に少々複雑といいますか・・・・)


 しかし富士の山、圧倒的存在感が在りますね。ある方の本で”江戸時代、江戸の中心は江戸城では無く富士山であった”という論を提示してありましたが、それも納得できる佇まい。
 また独立峰故か、瞬間瞬間に雲の掛かり具合等も変わりいくら眺めていても飽きないですね。
 
 良い体験をしました。(噴火する前に美しい姿を拝めて?   ←オイオイって  )




 富士周辺(静岡・山梨・神奈川)といった場所は訪れた事が無く駆け足気味でしたが周辺も観光。

 例えば・・・。

 御前崎周辺。

 御前崎

 この端っこという地形・場所にも惹かれる物があります・・・。
 それ以上に驚いたのが風の強さ、其れ故か近くに風力発電の風車が多数。
 と同時に浜岡原発。人々が生活している場所の近くに建っているのに驚きました。

 
 白糸の滝。

 白糸の滝
 
 富士の火山としての存在感を感じさせられます。また火山周辺には良い水が湧くという事も。結局、日本人、縄文の昔から火山と共生して来たという事実(あるいは理由という物)を思い出させてもらった気がします。
 一寸屋久島を思い出しました。


 また山梨といえば職業柄ワインの印象が強く。何はとまれ一箇所はワイナリーを見せていただかないと・・・、という事で選択したのはこちらのワイナリー。

 看板

 丸藤葡萄酒様。
 ここの造られるワイン、個人的に好きな味という事で。(雰囲気ありました)

 試飲

 ルバイヤートというブランドのワインを製造販売していらっしゃるのですが、この”ルバイヤート”古いぺルシャの四行詩。実は其れを初めて知ったのは十代の頃に読んだ”人間失格”。
 ”富士には月見草が良く似合う”という文章も有りましたし・・・。

 そこで、初日の泊まりは・・・・。

 明治

 こちら太宰縁の、湯村温泉は旅館明治さま。

 湯村温泉、現在では一寸寂れ気味な温泉街といった風情です。

 温泉街

 基は信玄の隠し湯の一つでもあり、昔は多くの文人墨客愛された地だそうでこんな物もありました。

 芸子神社

 芸子神社。昔は多くの芸妓さんがいらっしゃた様で、そうした方々がお座敷前に必ず立ち寄られた神社であるとか。



 また甲府といえば武田氏。信玄公。
 という事で、そうした場所もしっかりと・・・。

 勝頼陵墓  法泉寺

 蟷螂ヶ崎石垣  蟷螂ヶ崎館跡(武田神社)

 産湯の井戸  積翠寺

 恵林寺庭  恵林寺


 この中で最も良い印象が残ったのは勝頼公菩提寺の法泉寺。
 住職の奥方(とても感じの良い方で・・・)に色々とお話を聞かせていただき、素晴らしかったです。観光地化していないのも良いです。

 蟷螂ヶ崎館跡は石垣や堀の雰囲気が好きですね。武田神社はいかにも明治時代といった感じですか?

 積翠寺は少し荒れ気味ですか。観光地化されてない、また少し山に入った場所にあるお寺の維持の難しさといった事を思いましたね。

 恵林寺は立派な寺です。
 ”心頭滅却すれば火もまた涼し”の快川智勝国師のおりに信長軍に焼かれた寺ですが、このことが本能寺の遠因になったという説も・・・・。


 そしてもう一泊はこちらに宿泊。

環翠楼

 大正建築の木造4(5?)階建て、箱根の環翠楼さま。
 皇女和宮様静養の老舗でもあります。

 兎に角見事&私好み&良い旅館でした。
 4階の3つの大広間も見せていただいたり・・・。

 広間  広間2  広間3

 (写真、ダメダメですね。実は自分のデジカメを忘れていまして・・・)

 他、風呂のタイルとかステンドグラスとか、細かい造作・・・・等々、兎に角見事。大正建築の良さといいますか、流石箱根といいますか・・・・。

 そういえば箱根湯本、しっかり券番も生きていそうで・・・。

 箱根湯本券番


 更に次の日は早雲神社(工事中でした)~石垣山一夜城跡~小田原城。

 説明文  本丸跡  一夜城石垣

 石垣山一夜城址、個人的には今回訪れた場所で最も好きな空間かも知れません。
 (ここに造られた茶屋街が後の遊郭の嚆矢では?等と個人的には思っていたりもします)

 小田原城石垣

 小田原城は、まあ復元天守ですから・・・。

 ただ、一夜城から小田原城天守を、小田原城天守から石垣山を見れたのは位置関係が良く判って興味深かったですね。(そういえば早雲寺は小田原攻めの本陣でしたし・・・)


 貧乏暇なしと言いつつウロウロしています。

スポンサーサイト

タグ :   旅行  /   城跡  /   温泉  /   歴史  /   寺社  /   芸舞妓  /

ちょっとお出かけCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :