2014/07
02
[ #624 ]

最近のニュースを聞いて

 仕事柄TVを観る事は少ないのですが、それでも少しはニュースや情報番組をチェックしたりはするのです。
 そうして最近、いやなニュースや気になるニュースが増えてきた様な気がするのです・・・(報道の仕方も含め)。
  

  
 例えば、先日の新宿での焼身自殺(未遂?)のニュースであるとか、都議会の野次のニュースであるとか・・・・。

 その新宿の焼身自殺のニュース。

 ベトナム戦争の頃であるとかチベット僧の焼身自殺とか、海外のニュースではしばしば聞いていた記憶があったのですが、我が国でも・・・・といった気がしましたね。
 また、気になったのが報道の有り様。
 何処で観たかはさて置き、「・男が~~・男は~~」といった紹介の仕方がされていたのです。
 しかし報道対象者を「男が~~」といった呼び方で紹介する場合は、その対象者が犯罪者や被疑者の場合ですよね。そうでない場合は「男性は~~」といった呼称であった筈。
 外にも「昼間人通りの多い場所で迷惑だ・・・」だとか、「人騒がせだ・・・」といった論調のコメントが耳に付き・・・。あるいはいかにもお馬鹿な感じのツイッターの投稿を紹介してみたり・・・・。

 何といいますか、凄くいやな気分になったのですよね・・・。

 本来焼身自殺とは、”絶対的かつ非常に横暴な権力者や支配者に対す、庶民(持たざる物)の平和的かつ最終的抗議の手段”であるというのが暗黙智であった筈。
 少々異なるかも知れませんが我が国戦国時代の、「快川智勝国師」が「心頭滅却すれば火もまた涼しからずや」といって焼死した事も、信長という横暴なる権力者対する抗議であったであろうし、そうした心象を理解出来うる能力を我が国の人々は持っていた筈ですが・・・。

 それを単なる人騒がせな”男”として報道する姿勢・・・・・。

 
 そしてもう一つの都議会の野次の件・・・。

 色々の意見は各所で語られているとおもいますが・・・・、例えばセクハラだ、とか、あれくらいの野次は良いんじゃないの?とか、議会は言葉を武器とする政治家がその武器を使って切った張ったする場、あの手の野次はある面、敵失。そこを突っ込めないとね?とか。あんな下衆な野次が飛び交うとは日本という国は民主国家では無いのか?とか・・・・・。

 まあ、色々とありそうですが・・・。

 セクハラだ!という話にするとどうしてもフェミニズム論とかジェンダー論とか男女同権論なんて話になって、面倒くさいしまた一寸論点がずれそうなのでパスするとして・・・・。(笑)
 
 恐らく海外等も含め多かったのは・・・、先進国である日本、その首都であり近々オリムピックも開催されようとする国際都市の東京。その議会という公式な場所であのような下品な言葉が発せられるという事は、日本という国は一体どうなっているのか?民主国家では無いのか?等々・・・という意見・論調ですかね?

 確かに私も首肯する面も有るのですが、唯、国会中継等観ますと・・・、まあ我が国の議会って結構昔からそんな物であった気が・・・(笑)。

 それに民主主義って、ある面下品なシステムですよね?
 何故ならそのベースは、個人(有権者)が自らの権利(利権・エゴ)を声高に主張することを是として成り立っている訳ですから・・・。我が国の伝統的価値観に照らし合わせるとやはり下品ですよね?(笑)
 また資本主義って物も、全ての物を資本=金(価格・値段)のみで判断するというシステムでしょうから同様に・・・(笑)。

 まあ冗談はさて置き一寸思い出したのが、最近少し耳にする「マイルド・ヤンキー」なる言葉・・・。
 政党という存在も結局は自閉的共同体な訳で、視線がその内側、閉じた方向にばかり向いているとこうした発言にも繋がるのかな?という事。
 そうした面では、上の焼身自殺の報道もそうですが、マスコミも所詮は自閉的共同体に堕したのかな?なんてね?

 共同体の外部、”他者”の心象に対する想像力、これが実は大事であるし、大人の行動であろうし、知性では無いか?等と思った訳です。
 といいますか、昔は作法・しきたりとして判っていたのでは・・・?なんてね・・・。

 結局は現代社会、そうした作法や抽象的観念とかを壊して来た結果として、自閉的共同体という枠組みの集合体に成ってしまったのかな?と思った訳です・・・。

 一寸愚痴っぽかったですね・・・。

 

  

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :