2014/08
01
[ #633 ]

HARIS ALEXIOU

 葡~西~仏~伊 と続けますと、次はやはり”希”となりますかね・・・。
  
         ハリス・アレクシーウ

 「Hey」           XAPIΣ AΛEΞIOY


 邦題 「永遠の想い」  ハリス・アレクシーウ


 ハリス・アレクシーウという歌い手さん、ギリシャの大衆歌謡の女王といった位置づけと聞いた事があります。いってみればギリシャの美空ひばりといった感じの方かと・・・・。

 このアルバムはかなり現代的ポピュラーミュージック的アレンジで、いかにもギリシャの大衆歌謡といった雰囲気は少なめに想えます。

 幾つか聞いた事の有るギリシャの大衆歌謡ですと、私の様な日本人の受ける印象はかなりアラビア的といいますか、ロマ的といいますか(正教圏の国々の大衆歌謡、かなりロマの方々が担っているといった話も聞いた事があります)、そんな印象が強かったのですが、このアルバムはそうした面を少し押さえ気味に作られているのかも知れません。
 その分、ある種の勇壮さを感じさせるリズムという物の印象を受けるのです。

 確か、アテネオリンピックのセレモニーでマケドニアの伝統音楽が演奏されていた記憶があるのですが、そんな印象です。
 他、思い出したのがオルフのカルミナ=プラーナ(?だったかな)。

 何といいますか壮大で勇壮な印象。
 確かカルミナ=プラーナはバイエルン州の古いベネディクト派修道院から出てきた歌曲集をオルフがアレンジしたといったものであった筈・・・・。

 もしかすると中世以前(グレゴリオ聖歌より前)のキリスト教圏の音楽ってこんな雰囲気であったのかな?等と想ったりするのですよね・・・。
 そういえば、アイリッシュダンスの音楽とかバスクの音楽何てのも、一寸似たような勇壮さを感じる気がするのですが・・・?

 この辺り誰か詳しい方教えて下さらないかな?等とおもったり・・・。

 
 また、邦題が「永遠の想い」となってますが、伝道の書辺りからですかね・・・・。

 一寸いい加減な話でした・・・。

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  わくぐみ   |   演奏会  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :