2014/08
08
[ #635 ]

好きだったイベント

 今回の記事は完全に私個人の昔話、おっさん単車乗りの郷愁ですので笑ってスルーしてやって下さい・・・。
 



 昔のF1はどこか草レースっぽさが残っていてその頃が面白かったとか、昔の2輪のレースにあるアマチュア的パッションの様なものが良い・・・・・、何て事ばかりを書いていたのですが、私も一時期、草レースに顔を出していた時期があるのです。

 そうして参加させていただいた草レースの中で特にお気に入りだったのが、岡山県の中山サーキットで開催されていた”Exciting Sunday(エキサイティング サンデー)というイベント。
 このイベント、実に草レースらしい草レースといいますか、単車乗り、サイドカー乗りの運動会的といいますか・・・・、適度に真剣で適度にアットホームという何とも雰囲気の良いイベントだったのです。
 クラスはクラッシクバイク、4stのシングル・ツイン、サイドカー、それぞれ数クラス・・・・。

 という事で、その雰囲気が伝わるかな?と当時の写真を少しばかり(押入れに眠っていました写真をデジカメで撮ってといういい加減な物ですが・・・・)。


 89年ピット
 89年のピット風景、雨天です。


 89年sc
 同年のレーシングサイドカークラス(多分予選)、走っていらっしゃる人は誰だか知りません (笑) 。
 ショートホイールベースの車体が雰囲気です。


 90年スタンド
 90年のグランドスタンド前、結構観客が入ってます・・・・。


 92年スタート
 92年のスタートシーン。


 94年スタート
 94年のスタート前。


 雰囲気伝わりますかね?
 







   
 当時愛車にしていたのは、新古車で手に入れたSRX6(87年式、俗に言うⅡ型)。これを少しだけ触って出ていました。


 普段は通勤やツーリングにも使っていましたので基本的にノーマルに毛の生えた(何処にだ?)程度。
 ピストンやキャブレター・カム等ノーマルのままでした・・・(レギュレーションの事もあったかも知れません)。
 そんなバイクでも結構遊べたのが中山サーキットというこじんまりしたサーキットの良さだったとも思えます。



 恥ずかしながらこんな感じで・・・・。

 93年
 93年

 94年予選 94年
 94年



 このバイク、
 94年がエキサイティング・サンデー最後の開催となり、95年からTIをメインに・・・・、といった事情も有り手放してしまったのですが・・・・・。
 残しておけばよかったかな。




 因みに手放す直前(95年)のSRX、

 街乗り
 

 モトサロンの2in1を気持ち加工かち上げ気味に組み、それに合わせてポートを拡げ、バルブ辺りを磨き、吸気系を裸にしてキャブのジェットを変え、熱対策を少々。車体はFFのスプリング(WP)(中古 笑 )、ヨシムラカヤバサスユニット。ステップ(自作プレート)。Fブレーキホース。チェーン&スプロケ・・・・。
 ホンとこれ位。
 (手放す直前にアルミのスイングアームとST1カムを組んだのですがレースでは使ってないので効果は???)

 良く遊ばせてもらったバイクです。

 シングルは触り易いのです(またそれが楽しかったのですよね)。








 因みに成績は・・・・・・。

 確か7度のエントリーで・・・・。

 入賞×2  5位×3  4位×1  2位×1  PP一度だったかな・・・・・。

 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  新霊   |   わくぐみ  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :