2014/09
01
[ #642 ]

美味しいビールが飲みたくて・・・

 この8月、夏らしい青空の拡がった日という物が一日も無かった事もありますし、それ以外にもこのところビールを美味しく飲んだ記憶が余り無いのですよね。
 という事で・・・・。


 と、その前に美味しいビールとは何ぞや?何て話もしなければいけない気もしますので少しばかり・・・。


 美味しいビール・・・。

 例えば、バイエルン辺りのヴァイスビアは美味しいよね?とか、いやベルギーのトラピスト系が・・・、英国圏、スコットランドのエールも捨てがたい・・・、何処そこの地ビール屋が造っているブラウン・エールが、いやいや、あそこのIPAが、バーレーワインが・・・、ラオホが・・・。
 こうした美味しさの比較という事はありますよね?
 

 いってみればビール自体の美味しさ本体の美味しさ、ある程度感情を廃して味わう美味しさ。


 それ以外にも例えば・・・・。

 陽の在るうち屋上ビヤガーデンか何かに揚り、暮れて行く風景と点灯き始める街の明かりを感じながら、気の置けない友人達とまったり飲むビール何てのも美味しそうですし。
 海面を滑るヨットを眺めつつ(または、ヨットの上で)、軽く潮風に当たりながらのんびりと飲むビールも・・・。
 庭先に縁台を引っ張り出し、遠くで打ち上がる花火の光と音の時間差を感じつつ、団扇片手に枝豆でも側において気の休まる異性と・・・。

 なんて感じで飲むビールも美味しそうです・・・。
 これはいわば舞台装置や飲む相手等、様式に依存する美味しさといいますか・・・。



 では、それ以外は?といいますと・・・・。
 例えば個人で飲んで、かつ余り銘柄とか細かい事も問わず・・・。


 こんなのが思い浮かびました。

 夏の暑い日の炎天下で肉体労働、一仕事やっつけ、頭の内で”ビール、ビール・・・”とつぶやきながら帰宅、シャワーで汗を流し、おもむろにグラスに注いで飲むビール。
 肉体的疲労+精神的疲労、緊張感とそれからの開放、達成感。暑い中の労働による肉体の乾き+仕事の緊張から来る精神的渇き。加えて、ビールを思い描く時間・・・etc。

 これまた美味しそうです。


 若い頃は現場仕事なんて事も経験していましたので、こうした美味しいビールもしばしば飲めていたのですが、現在は肉体労働とは縁遠い生活。こうしたビールは中々飲めないのですよね。


 そ・こ・で・・・

 昨日の午前中は久々さわやかな秋晴れ・・・、おもむろに皮つなぎを引っ張り出し、西条ICから高速に・・・・。降りたのは河内IC・・・・。
 約OOOkm。
 ノンストップと行きたかったのですが燃料が持たなく・・・・。

 帰宅後つなぎを脱ぎ捨て・・・・おもむろに・・・。


 ビール
 (一寸失敗、グラスの水洗いを忘れて泡が・・・・、でも美味しかったですよ )

 我ながら馬鹿だとは思います・・・。

 

スポンサーサイト

タグ :    /   バイク  /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  わくぐみ 2   |   飲食店?  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :