2014/09
04
[ #643 ]

わくぐみ 2

 前回書いた事、近代化に拠り慣習とか宗教・アニミズム、あるいは幕藩制とか領主制といった大きな”わくぐみ”が壊され、世の中が”個人”という最小単位のわくぐみの集合体の様に成ったのでは・・・?といった事だったのですが、またある面、わくぐみという物が意味(善悪の様な物)を決定していたと。



 そうして大きなわくぐみが壊され世の中が個人の集合体の様に成ったという事は、包括的意味が力を失い、個人個人が自ら”意味”という事を考えなければならなくなった、といっても良いかも知れません(近代自我の萌芽?)。

 しかし近代化の過程で一人一人が真剣に物事の意味なんて考えたか?というとそうでも無いと思えます。
 大体、物事の(根源的)意味なんて事を真剣に考えるのって、非常に面倒くさいですし、辛いですし・・・。また自分で考えるのですから、その結論を他者に責任転嫁も出来ないですしね・・・・(もしかするとこれが自由というやつかも)。
 で、殆どの個人は恐らくそんな面倒くさいことはしない・・・・。云々~という事はまた改めて記すとして、


 今回は・・・。
 
 実は近代化に拠り他に色々のわくぐみが誕生した面もある様にも思えます。
 例えば判りやすいところでは・・・・。

 企業。
 幕末に坂本竜馬が創設した亀山社中が我が国における近代商社(会社)の嚆矢といわれていますがそうした物。
 OO会社とか、株式会社OOとか・・・・。
 また他にもOO省、OO庁なんてのもそうかもしれませんし、OO協会とか、OO組合、OO同友会、OOクラブ、、OO党、OO組、OO社、OO会、OO団、OO会議所、OO連盟、OO連合・・・・、更にOO隊、OO大学、OO学校、OO病院とか、最近ではNGOとかNPOとか、更にその内部にはOO支所とかOO部、OO課、OO係・・・、
 何だか書いていて辛くなって来ました・・・・(笑)
 
 兎に角そんな物がたくさん出来る。それらは言ってみれば組織ですよね、更に言えば法律にて規定された個人に似た組織=法人というやつ。
 特殊法人とか社団法人とか、OO法人という物。


 これらの組織、いわばさのわくぐみ、それ自体が意味になっていく。
 またそれら組織は何らかの理念や目的の元に設立されたのでしょうが、そのうち組織の理論に取り込まれてゆく。
 つまりは組織の維持・拡大それ自体が目的化していく。(全てがそうとはいえ無いかも知れませんが・・・)いわば組織という手段が目的化していく。
 そしてそのために構成員には同調圧力が、部外者には排他的と成っていく・・・。

 またわくぐみこそが意味なので・・・・・。
 構成員にはその組織の単なる構成要素となる事を求める。

 詰まり個人の存在(意味が)社内の立場や肩書きになっていく。

 個人の意味=OO社のOO部OO課の課長といった風に・・・。

 そうしてどんな場合でも主語が、”わが社では”とか、”うちの課では”とか、何課のだれそれは・・・となっていく。


 と書きますと、大人になるってそんな物でしょ?社会に出てその役割をこなす事といえるのでは?
 あるいは、仕事に人生を賭けるって男らしいとか、そうした組織が社員教育や躾で人を一人前に育てて来たのでしょ?とかいわれそうです。

 はい全く持って・・・。確かにそうでした・・・・。

 唯、確かバブルの頃ですか、物言う株主なんて事が言われだしたのは・・・。
 それ以降、企業という物の存在理由が、株主(あるいは企業経営者)に最大の利益をもたらす事であるという言説が強くなった気がします・・・・。
 確かに商法・成文法的にはそれが全く正しいのでしょう。・・・・が、唯それだけといいますか・・・・。そこには個人も社会も世間も歴史も・・・・語られてない訳で・・・・。

 こうもいえるかも知れません、
 企業あるいは従業員の存在理由(意味は)株主の利益を最大にする事にのみ在る。詰まり、従業員の人生の意味=(誰だかわからない)株主を目一杯儲けさせる事 にならないのかな?
 なんか一寸、いやですよね。  ( 笑 )

 

 まあ尤も、仕事だけが人生じゃ無いから・・・。という考え方もありまして。
 その昔”5時から男”なんてキーワードが流行ったり。更に昔では”サラリーマンは気楽な稼業と来たもんだ~~”何てフレーズも・・・・。

 しかし、ではここでの5時からの自分という物の意味(わくぐみ)は?あるいはプライベートでの自分の意味は?(強いて言えば名刺の裏側、名刺を捨てた時の自分は・・・・?、という事は今一度、問われそうですよね・・・・。



 長くなりましたので、またつづきは来月・・・・?
  
   

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :