2014/09
17
[ #646 ]

鳥取方面へ・・・

 このところ日増しに秋らしくなって来て、なんといいますか単車に跨るにはいかにも良い季節。
 ということで先の店休日は車庫からバイクを引っ張り出しました。
 前回単車に跨った折は、高速で無意味に燃料を浪費しただけでしたので、今回は少しはツーリングらしくという事でETCも付けずに家を出ました。

 
 向かった先は鳥取方面、この辺り最近2年に一度位は訪れているのですがそれは4輪にて。たまには単車でという事です。そして相変わらずの単独行・・・・。


 バイクを停めたのは倉吉市。

 倉吉市、白壁の街として知られています。名前もそうですが岡山県の倉敷市と少しイメージが重なる印象。
 交通の結節点でもあり、天領であった時期も有ったり、商業(水運)や織物業等々で栄えていた歴史も似た面が有るように思えます。(そういえば米子城主に移封された池田氏は岡山からでしたかね、関係が有るのか無いのか?)

 そして現在では白壁の建物を生かした観光の街として成立している面も似通っています・・・。

 私がバイクを停めたのはその白壁の街並み保存地区・・・では無く少し離れた場所。

 お察しの通り、その昔遊郭が存在したらしい場所。
 街の規模といい、交通の結節点である事といい、遊郭地が存在する条件は満たしている訳ですが、遊郭一覧等には記載されていないのですよね・・・・。
 それが、遊郭が存在したらしいという噂を耳にし出かけた訳です。
  ツーリングにも良い距離かとも思いまして・・・。


 さて、旧遊郭地と思える場所を歩いて見ますと・・・・・。

 いかにもといった建物は余り目に付かないのです・・・。代わりに空き地となった場所が目に付きます。
 どうも最近解体された様子(木の江の徳森旅館の建物もそうですが、ここ数年こういった事例が多い気がします、空き家対策行政の影響や相続の問題もあるのですかね・・・)。

 それでもと何はとまれ辺りを散歩(徘徊?)。住宅地然とした雰囲気もあり子供さん達が路地で遊んでいたりと、生活音も聞こえますので少し気を使って・・・・。

 稲荷社
 恐らくこの稲荷社、往時は遊郭の中に存在した物でしょう・・・。

 他、目に付いた建物を少々。

 倉吉1  倉吉2



 少々消化不良気味という事もあり、街並み保存地区に移動。蕎麦を一杯胃に収め、ついでに観光地図もいただきましてさらに周辺を徘徊。寂れた飲み屋街の路地を歩いたり・・・。

 路地
 これはこれで雰囲気なのです。


 目に付いた建物を少々・・・。

 看板建築  看板建築の名残ですか?

 大社湯  大社湯2  大社湯という銭湯。



 他

 旅館 倉吉3 猫  猫はおまけね・・・。


 また豪商”淀屋”の存在に少々興味を惹かれました。



 結構良い時間に成ってしまったのですが(家を出たのが9時半過ぎ、夜行性の私ですから・・・)、折角なので鳥取まで足を伸ばす事に・・・・。

 鳥取市、ここもその昔遊郭のあった場所。

 藩主の別荘地(別邸?下屋敷?)”衆楽園”に維新後、茶屋等が出来、それが遊郭地として認可されたと記憶しています・・・(そういえば和歌山市の遊郭も似た経緯でしたかね?)。
 それに鳥取市は確か空襲の被害にも遭って無い筈と・・・・。
 その辺りを徘徊・・・・。

 余り古い建物は目に付かないのです・・・・。どうやら、昭和20年代後半(27年?)に大火で焼け野原なったとか?

 それでも一角に雰囲気のある旅館や建物が何軒か。

 鳥取 鳥取2 鳥取3 鳥取4



 もう一つ気になった建物がこれ。

 廃病院

 恐らく廃病院の建物と思われるのですが、イベントスペース的に再活用されている様子。

 
 そんなこんなで、そこからとんぼ返り・・・。
 しばらく走って「一寸まずったかな?」。どう考えても明るいうちには帰り着かない・・・。
 最近歳で夜間走行は辛いのですよね・・・。古い単車はライトも暗いですし・・・・。

 目を凝らして必死に走行・・・・。

 が、夜の田舎道で突然ライトがダウン・・・・。
 焦りましたね。

 半分手探りで、リーク箇所の対策とヒューズ交換・・・・、こんな時は単独行のデメリットを感じます。

 夜の8時半過ぎには何とか帰着。
 (ほぼ)下道オンリーで約550km、久々しっかりと単車に跨った気分です。

スポンサーサイト

タグ :   街並み  /   バイク  /    /   遊郭色町  /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :