2014/10
09
[ #653 ]

TANGO MAESTROS

 前回のCDはボタン式アコーディオン(トリキティシャ)がメインでしたが、ボタン式の蛇腹付き楽器といいますと、やはりバンドネオンが思い浮かぶ訳でして、今回はこのアルバム。

          タンゴマエストロ

 「CAFE DE LOS MAESTROS」    TANGO MAESTROS
 


 
 映画 「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロ達」 の基となったCDと言いますか、サントラと言いますか。

 この映画のことは以前アップした記憶も有りますが、好みの映画でしたね、兎に角、出演している演奏家のじっちゃん、ばっちゃんが格好良くって色気があって・・・・。
 で、このアルバムです。

 演奏者が年配の方たちが多いと言う事もあるのでしょうが、古めの曲が多くミロンガ等も演奏されそこがまた嬉しいのです。
 尤もミロンガとタンゴの違いは?何て聞かれますと、実は良く解っていないのですが(笑)。
 まあ、ピアソラ以降のタンゴは現代的タンゴで、それ以前のものは少々土着的といいますか南米の大衆歌謡的な空気が残っている印象があります。
 このアルバム(映画)の演奏もそうで、何といいますか、現代的タンゴの演奏をアメリカのオーケストラのものとするとこれはヨーロッパのオーケストラの物の様な雰囲気といいますか、少し情緒的?ウエット?な印象。

 これがまたよいのです。

 既に鬼籍に入られた演奏者も多いと思われ(それほど高齢な人たちの演奏、でも格好よいのです)、そうした意味でも貴重なアルバムかも知れないと思ったりしますね。

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  わくぐみ 3   |   海田辺り  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :