2009/07
18
[ #67 ]

 雑考 15 いろは

 最近、小学校で”いろは47文字”って教えているのでしょうかね?私が小学校の頃はあまり習った覚えが無いのですが・・・。
 単に私が覚えていないだけかも知れませんが、基本は”あいうえお”の50音のみで習った気がします。


 確かに子音を縦軸に母音を横軸にした50音は、論理的かつ合理的でローマ字にも応用出来、良いと想うのですが、この歳になると”いろは”の良さに目が行き家庭教育、初等教育でしっかりと教えるのが良いのでは等と想ったりします。


 お節介がてら”いろは47文字”を記すと・・・。

”いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせす(ん)”

 解り辛いので漢字を混ぜると

”色は匂えど 散りぬるを 我が世誰ぞ 常ならむ 有為の奥山 今日越えて 浅き夢見じ 酔ひもせず” 

 ですよね。

 これって結局この世の無常を詠っているのでしょうが、この無常観こそが、ある種日本人の根底に在る共通の感覚では無いかと想うわけです(南方系モンゴロイド共通とか、採集系民族共通といった考え方も有りでしょうが・・)。

 他にも平家物語 ”盛者必衰の理は、目の前にこそ顕れけれ” であったり、
 祇王の ”もえ出るも かかるもおなじ 野辺の草 いずれか秋に あはではつべき” にしろ、
 浄土真宗御文書の ”・・この世の始中終幻のごとくなる一期なり・・” もそうですよね。

 また、この無常観を日本の国土中で熟成した先に、茶の湯の ”侘びさび” が有ったり、”足るを知る” といった感覚であったり、武士道の"死に様”であったり、情緒的にまとめれば本居宣長の”もののあはれ”が有ったりもするのでしょうし・・・。



 で、いろはですが、我が国固有の”かな文字”を日本人のすきな7.5調で歌(和歌)にし、無常観を現し、しかも常用かな47字を一度づつ使う遊び心。 見事に日本的ですよね。


 こんな事を書くと、マスターは国粋主義者ですか?とか、このグローバル、国際化の時代にい”いろは”は無いでしょ?等と言われそうですが、逆に国際化で海外に出る機会が当たり前に成ったからこそ、個々人の日本人としてのアイデンティイーも問われると想うのですが・・・。

 少なくとも攻撃的で利己的な米語を初等教育で教えるよりは、この国が暮らしやすくなる気はします。 

  ますた
 

スポンサーサイト

タグ :   日本文化  /

しりとり雑考CM(2)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪   日食   |    えっ!  ≫
習いません。
はじめまして。酒呑親爺と申します。
昭和36年生まれの48歳ですが、いろはは習っておりません。
本当の話ですが、親爺が受けた明治大学の入試でいろはが出ました。「・・・ちりぬるを」の続きを全て書きなさい というものでした。
親爺は書けませんでした。
それを祖母に伝えたら、「最高学府の大学入試で”いろは”とは情けない。昔は尋常小学校の一番最初に習ったもんだ。しかも、それが書けないお前さんは大学なんかに受かるわけがない。手に職をつけた方がいいね。」と。
でも、なぜか合格しましたので、他の受験生もできなかったのでは?
大学入試に出る程度の難問なのでしょう?
おかげで、いまはきちんと書けますけど。

12時すぎに 酒呑親爺 さんから

2009/07/19(日) | URL | #-

2009/07/19 - ■■■

No title
 酒呑親爺様、コメントありがとう御座居ます。やはり私、学校では習っていなかったのですね。(因みに私、酒呑親爺様の数歳年下になります) 昭和40年代、50年代の教育現場、所謂左翼志向が強かった気がします。それを責める心算は無いのですが、ある種の世代観は感じますね。   ますた

18時すぎに  ますた さんから

2009/07/19(日) | URL | #-

2009/07/19 - ■■■

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :