2015/02
05
[ #689 ]

BLOSSOM DEARIE

 シンディー=ローパーもその特徴的歌声が印象に残る歌い手さんですが、特徴的声の女性ヴォーカルといいますとやはりこの方が思い浮かぶ訳なのです。

         ブロッサム ディアリー

 

 「Blossom Dearie」  BLOSSOM DEARIE


 ブロッサム=ディアリー。一般的ベスト盤ですが・・・。録音は恐らく50年代末。

 キューティー・ヴォイスと呼ばれる特徴的な声の女性ジャズヴォーカルシンガーでセルロイドの眼鏡というルックスも印象的。

 今風の言い方ですと、アラレちゃん眼鏡(この言い回しも古いですね)にアニメ声のジャズシンガーとなるのですかね?
 そうした事もあり一寸”際物”扱いされている面も有りそうですが、店で流すには結構良い感じなのです。
 また、アメリカ等でも結構マニア受けといいますかファンも多かった様で・・・・。
 何と言いますか、一寸オタク受けするシンガーですかね・・・・。


 少し前に、日本の漫画やコミック・アニメ等がアメリカでも受け、所謂オタク的人々がアメリカでも多く誕生しているといった報道がなされた記憶が有り、またそれを耳にし少々驚いた記憶も有るのですが、実はアメリカ人のオタク趣味も結構昔からなのかも知れませんね。
  アメリカンコミックとかある種の映画なんてそうした面は強いですし、日本以上に筋金入りでそうした連中は多そうです。

 またキューテイー・ボイス(少女の様な歌声)という事である種ロリータ趣味的とも言われそうな気もしますが、彼女はフランスで活動していた時期も有り、もしかするとその辺りも影響があるのかも・・・・と思ったり・・・・。
 フランスってそうしたイメージ、在りますよね?(シャルロット=ゲンスブールとか・・・・)

 閑話休題こうしたアルバムを聞きますと、やはり女性の歌声こそが最高の楽器なのかとも思えたり・・・・。
 そうした故か、彼女に限らず女性ヴォーカルのアルバムは店でよく流している気がします。
 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :