2015/03
08
[ #698 ]

東広島市立美術館

 先日、少し時間が空いたので久々に”東広島市立美術館”を覗いて来ました。
 丁度2年振りですかね?この時期に毎年企画展が催されている様で、それを観賞しにという事です。
 近々移転&立替の噂も耳にしますしね・・・・・。

 因みに企画展は・・・・。

      花 展

 現代の造詣 ーLife&Artー
 「花」 -生きるということー    展


 この ”現代の造詣 -Life&Artー” の企画、定例化されている様で毎年この時期に催され今回が7回目?とか・・・。

 今回の展示で思ったのですが、一昨年以上に地元(広島県あるいは東広島市)に縁のある芸術家の展示というコンセプトという印象でした。
 といいますかこのシリーズ企画、-Life&Artーというテーマで県内在住の作家さんに作品を造って頂き展示(場所を提供)するという側面も強いのかと思いましたね。
 
 美術教育行政といった面があるのかな?という印象?(それはそれで意味が有りそうですが)

 
 ただ、(あくまで)個人的には美術作品を鑑賞したり美術館の展示を観にいく場合、地元縁の作家かどうか?という事は意識しないのですよね・・・・。まあ、拠って此処に足を運ぶ回数が少なかったのかも知れません。
 (浮世絵や日本画だと、江戸か上方かといった地域性も気になりますが・・・・)

 因みに今回の展示作品で個人的に興味を惹かれたのは、南米の椰子の版画集の本。出来うるなら何とか全項を眺めて見たいと思いましたね・・・・。











  追記

 この美術館、(西条駅前地区に)移転・新築が決まっているとかいないとか・・・・・。

 確かにこの建物、古さは感じますね。

 東広島市立美術館


 また、行き易い場所に美術館が出来る事は凄く嬉しく思いますね。

 ただ、どんな美術館になるのか?という事はそれ以上に気になります。

 あくまで単なる1人のオッサンの想いですが・・・・・。

 現在の様なやり方ならば、このままでも良いのかな?という印象もあります。
 地元(広島県)縁の作家の作品の展示や収集となると、結構、県立美術館さんが力が入っている様に思えますし。今回の企画の様なものならば、市民ギャラリー(これも造られるとか?)や他のスペースでも可能な気もしますしね。DNAなんて企画も在りますし・・・・。


 単なる個人的我が儘な想いですが、折角新しく作るのであれば、それなりの企画やコンセプトがある物が出来ると嬉しいですね(まあ、予算や運営方法、主体もあるのでしょうが・・・・)。

 それなりの巡回展が開催される様な物が出来るとね・・・・(結構、県内に廻って来ない気になる巡回展も多いですし・・・・)。
 他、確か、現在の館は版画の収集には結構な物が在るとか・・・・。
 折角なので版画に特化した収蔵品を持つ美術館なんてのも興味を惹かれますよね・・・・。
 版画も木版だけでなく石版とかゴム版とかシルクスクリーン等色々世界が広がりそうですし、更に言えば延長線上に印刷という世界も有りそうですし・・・・(木製活字とかも?)。
 (そうなると更に半導体製造のプリント技術なんて世界も・・・?)
 (またムナカタシコウ氏なんて、この町に縁、無かったですかね?)


 まあ、何も知らないおっさんの我儘な戯言ですが、良い企画展示のなされる美術館が(なら? 笑 )出来ると嬉しいですね・・・・。
 (例えばミロ展なんてね・・・・、そういえば少し前に呉市立であったか・・・・・)

 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  安心 安全   |   ジンのはなし  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :