2015/04
06
[ #706 ]

今年の花見

 昨日、店のお馴染みさん方と花見を実施。
 週間天気予報では、昨日5日の日曜日の降水確率は70~80%の高い値をキープしていましたので、流石に今年は厳しいか?とも思っておりましたが”午後には雨は上る筈”という完全なる主観的希望に基付き、土曜日の午後に実施を決定。
 いや~、思い込みって大事ですね。
 無事雨も上がり、暖かな曇天の下、桜吹雪の舞う中、のんびりと花見をさせていただきました。

 

     桜吹雪

 風が吹くたびに花びらが舞い、正に散り始めの絶好の日和。
 こうしてのんびり花見をさせていただくと、ホント、日本に生まれてよかったと思いますね。
 こうして庶民がのんびりと春の一日を桜の木の下で過ごせる日本でありつづけていただければと思いますよね。


 そういえば昔、三島由紀夫氏が自決の一年ほど前に石原慎太郎氏相手に、「我々は何を守る(護る)のか?」というテーマで対談された文を読んだ事があります。

 確かその時三島氏が言われたのは「三種の神器」。  (らしいですね)
 それに対し石原氏が守るべきといわれたのは、「個人の自由と己の自我」。  (これって・・・・?)


 ただ私としてはやはり、「庶民がのんびりと花見が出来る様な日常」を為政者の方々には護っていただきたいと・・・・・。 それこそが日本の良さの様にも思え・・・・・。花見をするとそんな事を想います。





 閑話休題、今回も主催者の私が最も酔っ払っているという醜態・・・・、ご迷惑お掛けしました。
 これに懲りず来年も宜しくお願い致します。
 (言い訳ををさせて頂ければ、朝から食事もせずの段取り。 &私、基本的に大勢の人前で食事が出来ない性質で・・・・、結局すきっ腹にひたすら飲んで飲んで・・・・・・と、まあ、ダメダメですな・・・・。寛大な心でご容赦を・・・・・、次の土曜日は気を付けますので・・・・・)
 
 




 追記

 実はこの少し前、店の花見が中止になって良い様にと、個人的に桜は愛でておりました。

 場所は音戸の瀬戸公園。
 連れ合いを後ろに乗せての単車行です。

 音戸周辺はしょっちゅう訪れているのですが、ここの桜は初です。
 この高鳥台という場所、往時は砲台の設置されていた場所で、その遺構も残存しておりますし、見晴らしも良し。
 よかったです(海の存在を感じる呉周辺の雰囲気は昔から好きなのですが、再度実感しましたね)。




   音戸の桜

   音戸の桜2

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :