2015/04
20
[ #710 ]

ジンのはなし 3

 オレンジ公ウイリアムの婚姻に拠りイングランドで急速にジンの人気が高まり消費量も増えた、云々と前回書きそのまま中途半端にしていたのですが、今回はその続き・・・・。

 


 このロンドン周辺でジンが流行り始める理由として一つは、ウイリアム3世及びその周辺がジンの販売促進活動を行ったのが一つの理由とは思われます。彼がウイリアム3世と成ったのがたしか1689年、その翌年にはフランスからのブランデーの輸入禁止令なんて出している訳ですし・・・・。
 そしてもう一つ私が思うのは、製鉄にコークスが使われる様に成った事・・・・。
 なんて書くと???と思われそうですが、この頃から製鉄にコークスが使用されるようになり、高品質の鉄が作られる様になる。また、英国には結構な石炭の埋蔵量が有り・・・・、拠って、製鉄業や炭鉱業が一気に盛んになる訳で・・・・。また、そうした起業家に融資する銀行(イングランド銀行)の設立も確かこの時期ですしね。
 (産業革命は18世紀後半からと言われますが、この時期、十分にその萌芽といえる事が起こっていたともいえそうで・・・)

 閑話休題、こうした製鉄業や炭鉱の発展はそうした場所で働く多くの底辺労働者も生み出した訳で(もしかするとロンドン大火からの復興の為の建築労働者の需要なんて物も有ったかも知れませんが・・・)、そしてそうした、低賃金での長時間の過酷な労働を強いられた労働者達が、その精神的苦痛や肉体的苦痛を麻痺させる為に頼ったのが”ジン”だった訳で・・・。
 また当時のジン、ベースののスピリッツにジュニパーベリーの香りを付けただけではなく、少量の砂糖も添加され、更にはフーゼル油や、インド・ツヅラフジなんて殺虫剤にもなる成分も加えられたりで、かなり妖しい酒だった様で・・・・、何だか我が国の戦中から戦後混乱期のヒロポンの様なイメージと被る面も有ったり・・・。
 まあ、だからこそ故に、ジンをラッパ飲みしたりストレートで飲む事や、ジンという酒自体に、ある種負のイメージが付きまとうのでしょうが・・・・。
 そして恐らくそれは現代でも残っていそうで、例えば映画”マイ・フェア・レディー”でオードリー・ヘップバーン扮する花売り娘の親が好むジンであったり、同じく映画、酒と薔薇の日々で飲まれるジンであったり・・・・・。
 
 それはさて置き、この時期(17世紀末から18世紀半ば過ぎ)にかけ、英国では多くの労働者がジンで寿命を縮めている訳で(一説には彼・彼女達の平均寿命は30に満たなかったとか)、更には、泣き止まない乳幼児にジンを飲ませる母親も多く、その所為で数千の子供達が命を落としたなんて話も・・・・・。
 (この辺り、ホーガスという画家の描いた”ジン通り”という絵が印象深いですよね・・・・)


 そして流石にイングランド政府も放置出来なくなり、色々と対策を打ち出す訳ですが・・・・。

 例えば1725年には、ジンに対する課税の強化、販売業者の免許制の導入、路上での販売の禁止等。
 しかし、これは言えば販売のみに対する規制な訳で、製造もされれば需要も減らない訳で・・・・、結局、密売業者の大量発生となるのですよね・・・・。
 で、更に密売業者の密告の奨励なんて行われ(1735だったか)。
 何だかこの辺り、アメリカの禁酒法とも被りますよね・・・・・。


 そしてそうした中で生まれたのが、ジンの”自動販売機”

 黒猫の形をした販売機の口に硬貨を投入すると左の前足からジンが流れ出してくるというシステムだったそうで・・・。
 詰まり、機械が勝手に作動しているだけで販売者(人間)では無い(居ない)、故に逮捕されないという理屈だったのでしょうが、現代でいうとよくもこんな屁理屈が通るな・・・・、いった感じですがね・・・・。
 まあ、この自販機を設置したD=ブラッド・ストリートという人間、元々密売業者を官憲に密告していた人間だそうで、結構その辺り、法の抜け道に詳しかったり或いは官憲とのコネクションもあったのかも知れませんが・・・・。

 
 何はとまれ、この猫の形の自動販売機は活躍した様で・・・・、この黒猫がオールド・トムと呼ばれ(日本語なら老猫トムですか)、それがオールド・トム・ジンの語源にも成るわけですから・・・・。

 日本ではオールド・トム・ジンにそれ程のイメージや思い入れは無いかも知れませんが、恐らく英米ではそれらのイメージ・・・、例えば、麻薬的だったり、堕落的であったり・・・・が付きまとっていそうです。或いはジンという酒全体に・・・・。

 確かに堕落という物(言葉)ある種の求心力が有るのも事実ですし・・・・、その辺りもひっくるめてバーのカウンターでジンのストレートを出す事は中々意味深に考えてしまうのですよね・・・・。  

 ますた
 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  しゃくなげ~版画   |   まけざま  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :