2015/07
21
[ #736 ]

暑くなって来ましたので・・・・。

 台風が通り過ぎ本格的に暑さが増して来る気配となりました(梅雨明け宣言も出たとか・・・・)、恐らくこれからひと月程の間この暑さと付き合って往かなければならないのでしょう・・・・。
 という訳で?車庫からバイクを引っ張り出し・・・・。

 ここ数年間、この時期にバイクに跨り炎天下を走りまわって”無理やり身体を暑さに馴染ませる”何て事をしているのです。
 
 そこで、向かったのは四国・・・・・。

 

 
 忠海からフェリーで大三島に渡り、しまなみ海道を通って四国に上陸、そこから下道で香川県に向かう算段です。

 しかし、四国の下道って結構流れが遅い印象。まあ、幹線道路ですしね。

 しばらく走りトイレ休憩の為、新居浜辺りのコンビニに停車。
 早めはやめの水分補給も兼ねて・・・・といったところ。


 そういえば新居浜市、住友鉱山の企業城下町、山手には別子銅山跡もあります。
 となると・・・・・、色町や遊郭跡も・・・・という話に私としてはなる訳でして・・・・ 笑 。

 しかし明治~昭和の前半に遊郭が在ったという話は無さそうで・・・・(山中の鉱山町にお女郎屋さんは在ったのでしょうが・・・・、端島だってそうだった筈ですし・・・・)。

 唯、戦後には色町(赤線)が存在していた様です。

 こうした街ですと鉄道の駅と港の間辺りに存在するのが定番と言う事で、その辺りを少し徘徊・・・・。


 こんな物を発見・・・・。


    新居浜・タイル


 そしてこの近くに、

 
 新居浜  泉池  

 往時の色町(赤線)跡でしょうね・・・・・・


 しかし、炎天下の街並みはホント暑い・・・・。おまけにサングラスを壊してましい・・・・・。

 早めに切り上げ次に移動。

 やはり下道を一般車やトラックの後ろに付いて・・・・・、ホント暑いこと暑いこと・・・・。

 それでも頑張って走り、此処にバイクを停めました。


      柳
 


 川沿いの柳って色街ぽくって良いですね  笑 。


 因みに琴平です。

 有名な”こんぴらさん”の石段は、今回は上がらず、金倉川を挟んで反対の地域を歩きます。

 旧富士見町遊郭跡、幾つかソープの看板が目に付きますがその裏辺りに・・・・。

 琴平  琴平・タイル  琴平・行灯


 
 しかし琴平の商店街も想ったより寂れ気味・・・・。
 イベントの開催日等は異なるかも知れませんが、観光バスで来て主要な場所を観て次の目的地に・・・・・といった観光スタイルが主流となった今日では、宿泊して現地で遊んで・・・・・といった人達も少ないでしょうからねェ・・・・。


 閑話休題、更にそこから旧多度津街道を走り善通寺の遊郭跡へ・・・・。

 こんぴら参りの中継地としてか善通寺の門前町としてか或いは駐屯地故か、兎に角昔は遊郭が認可されていたそうで(砂古遊郭)・・・・。


 しかし現在は完全に再開発済み、単なる住宅地と化しています。

 しいて言えば、こんな看板建築が・・・・・・・。

 善通寺






 で、早々に次の多度津へ・・・・。


 ここには昔の港町の風情を残した街並みがありました。
 (西浜遊郭跡等)


      虫籠窓
 

 例えばこの虫籠窓の跡なんて時代を感じます。

 また、街並みには・・・・。

 多度津  多度津3 



 また多度津に限らず、四国の瀬戸内にこんな意匠が目に付く気も・・・・・。

 意匠


 またこの看板?からは時代背景が推察できそうです。


      多度津2




 良い街並みでした。






 更に走って丸亀へ・・・・、


 何だかこの頃から軽い頭痛が・・・・・、
 熱中症気味か?或いはバイク用に誂えた度の強い眼鏡を掛けっ放しなのが原因か・・・・(サングラス壊したのは痛かったな~)。



 ということで丸亀の港、この近くで一寸休憩。


      丸亀灯篭


 側の石版に、往時こんぴら参りを伊勢参りに並ぶ観光とする為江戸で講を組織~~~、といった説明があります。


 一服した後周辺散策。




 港の東側には(西平山?新堀遊郭?)・・・・。


      丸亀タイル

 
 このタイルの色が・・・・・。

 他、   丸亀

 こんな建物等も在りましたが全体的には寂れ気味。
 瀬戸大橋が出来船便の需要が減った訳ですから仕方ないですが・・・・。
 (まあ遊郭地跡ですしね・・・)(また数日前の台風の爪あとも・・・・・)



 次いで、港の西側に(福島遊郭?)・・・・・。


 雰囲気のある建物を発見。


     丸亀3


 この当時のタイル、艶かしいですね。


 全体像は、 丸亀4 。



 そこから少し歩いた場所で・・・・。


     丸亀バイク

 
 1980年ころのCB750Kですかね・・・・。崩壊しつつある街並みを象徴する様で・・・・。



 このバイクの在った建物は、丸亀5

 元は医院ですかね?


 

 更にしつこく走り坂出の港辺りへ・・・・。
 往時の繁栄を思わせる建物が港の入り口付近に・・・・。


      坂出1



 恐らくこの建物から内港を挟んで北側辺りが昔の遊郭地では?想われるのですが・・・・・。


 坂出2


 しかし現在ではその殆どが倉庫等流通団地といった雰囲気。


 では・・・・と、港と鉄道駅の間の商店街へ・・・・・。


 昔は賑やかだったのでしょうね・・・・・。

 今では完全なシャッター通りといいますか、それ以上に・・・・・といった雰囲気。

 瀬戸大橋開通に拠り急速に寂れ・・・・・、といった噂は耳にしておりましたが、確かに。

 坂出・商店街

 一寸、玉島の商店街を思い出しました。
 
 その辺りで・・・・、


     坂出・廃墟





 何だか商店街がそのまま廃墟に向かっている様にも想え・・・・。
 (この建物、バックの青空も含め南の島の廃墟の様な印象を受けました、建築業界ではそれなりに著名な建物であったとか・・・・?)


 折角なので、色街的な場所・建物も探してみました。



 坂出3  坂出4  坂出・ネコ


 ネコはおまけね。


 そこから本土に戻る為高松港へ移動。
 瀬戸大橋を走ったほうが早いのは確かでしょうが、一寸暑さでグロッキー気味で・・・・。
 それにフェリー乗り場の少し東には旧新地(八重垣)遊郭跡が在った筈・・・・・と。


 その新地(城東)遊郭跡ですが、現状は完全にソープ街。
 日が高いうちから黒服を着たおにいさん方が入り口の前に立っていらっしゃる。
 そうなると写真を撮る訳にもいかないので、仕方なくこちらにバイクを停めまして・・・・。


  城東・神社

  
 この神社の玉垣。

    玉垣


 
 いかにも遊郭地の神社の玉垣ですね。


 そこから、フェリーの時間まで高松の飲み屋街を少しだけ散歩。
 路地裏メインに 笑 。


 高松・路地

 
 結構、賑わっていそうな雰囲気。

 やはり県庁所在地ですね。
 転勤族・出張族・官公庁・支店・支社等もあるでしょうから・・・・。
   

 こんな感じで走り廻ってきましたが、夏場は街並みよりも山道を走るのが正解ですね。ホント、暑くて辛かったです・・・・、年齢の所為もあるかな・・・・。










 追記

 帰りのフェリーではデッキでぶらぶら。

 昔、良く海遊びをしていた頃を思い出しました。

 フェリー


 こんな風景、しょっちゅう観ていたのですが・・・・・。


 何て思っていますとこんなヨットが・・・・・。

 ヨット


 昔、知人がこの型のヨットを持っていて良く遊ばせて貰った記憶が・・・・・。

 昔を懐かしむのは歳の証拠でしょうね・・・・。

 

スポンサーサイト

タグ :   バイク  /   街並み  /   遊郭色町  /    /    /

バイクで散歩CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :