2015/10
18
[ #765 ]

Fride Pride

 今回もしつこく日本の女性ジャズヴォーカルのアルバム。


             LIFE


 

 
 「LIFE source of energy」   Fried Pride

 ここ数年お気に入りといいますか気になるユニット。

 冒頭に女性ジャズヴォーカルと書きましたが、ヴォーカル+ギターのユニットというべきかも知れません。
 言い換えればジャズという範囲に収まらない印象です。

 閑話休題、こうした情景を表す様な演奏(リズム楽器的使い方)の弦楽器+存在感のある女性ヴォーカルの組み合わせって、何といいますか、”唄(歌・唱・音楽)”の原点といった気がして惹かれるのですよね。
 フラメンコのカンテなんて物もそうですし、ファドや江戸期の和楽の一部もそうですし・・・・・。

 特にこのアルバムはその印象が強いです。

 ジャズのスタンダードから80年代のポップス、ラストは大漁唄い込み(斎太郎節)なんて選曲ですし、”WALK THIS WAY”のアレンジもフラメンコ的だったりと・・・・。

 現代のシャーマンというと言いす過ぎかも知れませんが、この存在感の有るヴォーカル+テクニカルなギター、惹かれます。

 尤も、存在感がありすぎてバーのBGMとしては流し辛い気もしますが(拠って車で聞いていたり・・・)、それはそれとして矢張りお気に入りなのです。

 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :