2016/02
02
[ #795 ]

春画考

 先日、永青文庫主催の春画展の図録を購入してしまったという記事をアップいたしましたが、その図録にも一通り眼を通す事も出来ましたし、たまには春画に付いての戯言を記してみるのも悪くは無いか?と思いまして今回は春画に対し想う事を徒然に・・・・。

 確か以前に浮世絵について簡単に記した記憶も有るのですが、この何十年か浮世絵を眺める事は好きな行為の一つです。
 基本的に一般の浮世絵、出来れば明和年間~文化十年辺りの物が好みでして実は春画は少々苦手ではあるのですが・・・。
 

 
 


 では何故、春画が少々苦手かと言いますと・・・・、やはり”三欲を満たす行為を描いている”からですかね?

 三欲(食欲・性欲・睡眠欲)を満たす行為は人様に見せないのが基本、と言いますか三欲に限らず欲望を満たす行為を公の場で行うには無作法な(みっともない=見たくも無い)事であるのはある種世界共通の自明性であった筈です。そして春画という存在、性欲を満たす行為を露骨に、しかもかなり誇張的、あるいは生々しく描いている訳でして、どうも日常的に観るには辛い物があるのですよね。特に今回の図録の様に最初から最後まで略そればかりという物は、かなり精神的にきついのです。
 まだポルノ写真とか所謂エロ漫画の方がまだましといいますか。

 やはり春画、少し覗き見程度が良い気はします・・・・。



 閑話休題、今回の図録とを観て思ったのは、やはり浮世絵の一ジャンルではあるという事。

 例えば鳥文斎栄之。栄之に関しては「寛政年間を中心に活躍した美人画の名手で歌麿のライバル・・・云々・・・」といった意の説明が良くされているのですが、浮世絵を観ることを覚えた当初は、「歌麿と双璧をなす美人がの名手と言われても、質、量共に圧倒的に歌麿が上に思えるのだが・・・・」等と想っていた訳です。しかし栄之の描く肉筆春画を見させていただきますと・・・・、成程、歌麿のライバルという評価も伊達では無いな・・・・、と想えたり。

 といいますか、肉筆春画に関しては栄之の作品の方が・・・・、等と思えたりも・・・。
 尤も、歌麿の肉筆春画は見たことが無いのですし・・・・・、また歌麿の「歌まくら」は流石に迫力ですが。
 まあ、歌麿は春画よりも一般の美人がを描きたかったのかも知れないな、とも思えたり(所作や表情・着付け等も含めた女性の魅力を愛していたのか?何てね)。

 またこれは他の絵師についても同様。春画作品も含め観てみないとその絵師の個性等は判らない物とも思える訳です。

 春画という物、基本的に享保の改革以降、一応禁制ではありまして、一般の浮世絵に比し刷られた量はやはり少ないでしょうから、一般の浮世絵=売れなければならない商品でしょうし、それに対し春画は少量生産品。絵師等の力の入れ方や自由度も上の様で、其の分、絵師の個性がより判り易い気もする訳です。



 話は変わりますが、「春画」という言葉。どうも江戸期には使われていないようで・・・、確かにこの漢字2文字の熟語、江戸ことば(或いはやまとことば)というよりは明治の新語という語感ではありますよね。

 では維新以前、こうした物はなんと呼ばれていたか?といいますと、一般的には「わらいゑ」(笑い絵)という物が多かった様です。

 ではこの手の浮世絵を観て現代人が笑えるのか?というとどうでしょう?
 まあ、笑いにも色々とありはしますが・・・・。


 こんな事を考えていますと、以前どこかで目にした次のような言説を思い出すのです。

 それは・・・・。


 ・昭和の終わりの頃、日本が急速に豊かになり、殆どのトイレが水洗化されたが、もしかするとこれが日本人のメンタリティーの変化に与えた影響は思った以上に大きかったのでは無いか・・・・?

 といった物です。


 どういうことかといいますと・・・・。

 いくら絶世の美女、若くて美人で着こなしや所作も文句なしといった女性であっても、排泄という行為はしなければならない訳でして・・・・。勿論、上等の着物を身に着けた二枚目の男性であろうが、渋い紳士であろうがそれは同様に・・・。(排泄欲も根源的欲求、欲の一つでしょう)

 いってみれば、そこから人間、一皮向けば所詮は唯の糞袋では無いのか?といった視線も持ちえた訳でしょう。
 (また、故に排泄という行為も他者に見せる物でもないですし、普段はそうした気配すら他人に感じさせない様にもする訳でして・・・・。また公の場に出るときはそれなりの格好や所作、行動も求められる訳でしょうし・・・。)
 (そういえば図録の中にもそうしたビロウな物も数点掲載されていました)


 こうした視点で春画を眺めて見ますと、其処に描かれているのは男女の営み、直裁に言えば性行為。
 同じような物を感じるのです。

 日常(ケ)の世界ではいかに気取っていても、異性と閨を共にすればすることは他の動物と同じ事をしているだけでは無いか?といった視点。
 つまり、”人間様”何て威張っていても動物と対して変わらないのではと・・・・。
 確かに古い日本の御伽噺や落語等には結構動物が登場しますよね(狸なんて特に・・・・、落語の狸賽とかね)。
 昔の日本人は、動物との親和性が高かったという事でしょう。
 (そういえば、江戸期、矢鱈とベタベタしているカップルを冷やかす言葉として、「このチクルイ(=畜類)めが!!」という物が使われていたそうですが、同様のメンタリティーでしょう)
 (最も西洋でもキリスト教普及以前に期限を持つ民話等には結構擬人化された動物が登場しますが・・・・)


 色々書きましたが、春画=わらいゑ の笑いとは、例えば・・・・。


 ~ 楽は苦の種 苦は楽の種 二人してする 人の種 ~ 
 
 とか

 ~ 酒を飲むまで 男と女 トラになる頃 オスとメス ~

 とか

 ~ 惚れたはれたと やれ喧しい 人のせぬ事 するでなし ~


 といった様な都々逸を耳にした時に出る、言わば”クスッ” とした笑いと同様な笑いをもたらす存在だったのでしょう。



 追記

 またこうした絵。矢避け、弾除けとして武具に忍ばされる事も多かった等という話も有りますが。

 男女の営みに拠り、新たな生命が生まれるという自然の根源的な力、言わばそれこそがアニミズムにおける神への畏怖であり根源的な物でしょう。
 故に生命力の象徴、或いは護符としての意味も付加されたのでしょう。

 そうした”わらいゑ”も維新以降、”春画”として単なるポルノ作品と定義され出版統制にかかり命運を絶たれる訳ですが、それもやはり維新を主導したプロテスタンティズムのなせる業かと思ったり。明治政府の体質かとも想えたり・・・・(遊郭は散々造られたにも関わらずな訳ですしね・・・・)


 まあ、そうした色々な事も含め、浮世絵とか春画にも惹かれる訳なのです。



    春画


スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  さようなら   |   元 貸し座敷  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :