2016/03
01
[ #804 ]

今月で5年

 あの震災から今月で5年に成るのですね。
 未だ津波や原発の爆発の映像を観た時の衝撃は覚えております。
 また先日どこかで「仮設住宅に住む高齢者の孤独死が増加傾向にある・・・・」といった内容の記事を目にした記憶もあります。あれから5年経過する訳ですが、現地の方たちの苦労は未だ継続しているという事なのでしょう、心が痛みます。

 振り返って、あの震災及び原発事故から何か変わったのでしょうか・・・・。毎年この時期になると考えてしまいます。

 



 勿論、変わった事も変わらない事も多いでしょう。
 東北や原発周辺に暮らされていた方たちは、好む好まざるに関わらず変わらざるを得なかったでしょうし・・・。

 では、果たした私は?或いは私の目に映る色々な事は・・・。


 私自身は単に5年の馬齢を重ねてしまった気がします。そして加齢に伴い自身がポンコツに成ってきた自覚が強いです(無理が利かなくなったといいますか、パワーが出ないといいますか・・・・・)。まあ、こんな事を言っても仕方ないのですが、一寸螺子を巻き直さないといけない気分です。

 では周りや、所謂世間は・・・・・?

 実際、広島県に住んでいますと余り変わった印象は少ないのです。

 TVや新聞でも原発の事等余り取り上げない印象ですし、震災に関する報道にしてもどちらかと言えば情緒的な物が多い気がしますしね。
 尤も余りTVに耽溺する性格でも無いので詳しくは判りませんし、それ程TVも見ない生活ではありますので・・・・。


 それでも仕事柄ある程度世間の話題は知っておかなければ・・・、という事でニュースや情報番組にはザッと目は通す様にはしていますが、そこで感じるのが、そうしたニュース等の番組がこのところ面白く無くなったという事。


 勿論私の主観ですし、私自身が変化したのかも知れませんが・・・・。


 そう、若い頃から割りとニュースやドキュメンタリーは好きでまま観ていた訳ですが・・・。其の当時、何かの番組でその局の報道の優先順位の話をされていた記憶があるのです(かなり昔の事で記憶が定かでは無いのですが、30年以上昔の事だと思います)。
 それは・・・・・、

 ”ニュース等報道の優先順位という物、世界の人々の生命や生活等に対する重要度で決める様にしている・・・・”といった内容だったと思いますし、またそれを聴き首肯した記憶も有ります。


 確かに往時のニュース、ある程度そうした事を感じさせられる内容だった様にも思えます。

 政治や世界情勢、公害問題や戦争等に割かれる時間が多く、交通事故や殺人事件の事件単体に関しては余程の事件出ない限り余り報道されなかった記憶が有ります。
 そしてスポーツ関係の事も殆ど無く、どちらかと言えば別枠か有っても最後に少し、といった状態だった思います。

 そう交通事故や殺人等の事件に関しては、新聞紙上でも後ろから2頁め(所謂3面記事の欄)の片隅か地方欄の片隅であった様に記憶しています。

 またそうした事件に関しては、確か土曜日の夜10時くらいでしたか、「ウイークエンダー」なる番組が面白おかしく伝えたいた記憶も・・・。
 この番組、夜の時間帯でも有り、子供は観てはいけない空気といいますか・・・・、どこか後ろめたいといいますか、まあ、キワモノ的扱いをされる番組でもあった様に思います。

 また、もしかするとこの番組が所謂ワイドシショーの走りかも知れないとも思うのですが・・・・(もしかすると平日の昼間にも主婦向けに似たような番組もあったかも知れません・・・・)。

 しかしこのウイークエンダーという番組、それ程観た記憶も無いのですが、キワモノ的存在故か結構面白かった記憶が・・・・。
 まあ芸人さん達の職人的喋りが見事だったという事かも知れません・・・・。

 はっきりいって最近のTVのニュースより興味深かった様にも思えるのですね・・・・(思い出補正がしっかり効いていますが・・・・)。


 そう、数年前からTVのニュースのヘッドライン(最初の報道)でメジャーリーグ選手等スポーツ関連の事が流れる事が多くなった印象が有るのです。

 如何な物か・・・?と・・・・。


 
 こうした事を考えておりますと、人というもの、色々な情報を基に思考する存在な訳でしょうが・・・。
 例えば他者との個人的会話やコミニュティー(会社・学校・家・地域等々・・・・)内での会話、本や教科書、新聞やTV、最近ではネットやライン等のSNSから得られる情報、世間話も含め・・・・。


 戦前はTVなんて無い訳ですから、情報の多くは会話や活字、或いはラジオや広報から得ていた訳でしょう・・・・。
 そして20世紀後半はTVの比重が強くなり、今はネットが主流かも知れません。

 
 ただどちらにしろ、多くの人が信じている事が正しい・・・・、と成り安い事は確かな気はします。

 それこそ20世紀後半以降の日本では”TVや新聞の言っている事が正しい”といった状況は強かった様に思えます。

 また、そうしたマス・メディアの発達に伴い、身近な話題を話す事やそれに対する興味も減じてきた気も・・・・。
 (私自身の経験としても・・・・)

 
 実際、現在地上派のTVではフクシマの現状が伝えられる事は少なく、故に話題に上る事も少なくなっている気もします。
 なんといいますか(無かった事にされつつあるというと大げさですが・・・)、それは結構怖い事のようにも思えるのですよね。
 

 追記

 また、現在ネットやSNSが急速に普及し始め、情報の流れ方や、そこでのコミニュティーも当たり前に存在して来ている印象も・・・・。
 しかしそうなると、ネットのコミュニティーごとに価値観がかなり異なる人々のグループ何てのも出来そうですし・・・・。



 なんといいますか、色々と転換点なのかも知れませんし、だからこそ今一度考える時期に来ているのかとも思えたり・・・・。


 まとまりの無い回になってしまいました・・・。

 
 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :