2009/09
02
[ #81 ]

 樅の木は残った   山本周五郎

            コピー ~ 画像 339

 樅の木は残った(上)(下)  山本周五郎  1963・11  新潮文庫
 ジャンル  歴史・時代小説
 

 



 山本周五郎氏の作品には、この他にも 「さぶ」 であるとか 「小説 日本婦道記」 であるとか名作といわれる物も多いですが、私に採ってはやはりこの 「樅の木は残った」 が最高ですね・・・。


 内容は伊達騒動を、原田甲斐を中心に据えて描いた物ですが、”伊達騒動と原田甲斐を描いた小説”と言うよりは、”山本周五郎が書いた小説”を感じさせます。


 それは、氏の想う、理想とする生き方、天晴れな死に方、人生観、等々が全編に渡って感じられる作品故で、巷に溢れる安っぽい人生論とか処世術とかの本とは比べ物にならない迫力を感じます。
 私にとっては小説(フィクション)の力を感じさせてくれる本で、多くの小説の中でも、先ず頭に浮かぶ物の一つです。 

     ますた

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

No title
今度、貸してください^^

バカナリヤ図書館愛好家よりw

00時すぎに kaju さんから

2009/09/03(木) | URL | #-

2009/09/03 - ■■■

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :