2009/09
11
[ #83 ]

 歌舞伎

 先日、呉市文化ホールへ”松竹大歌舞伎近松座公演”を見に行ってまいりました。

 本当ならば、こういった多目的ホールではなく、歌舞伎座なりに見に行けば良いのでしょうが、貧乏暇無しで・・・。

 



 演目は、”座長お目見え”、”封印切り”、”連獅子”の三つ。

 特に封印切りは、泣き笑いで・・・。


 上方の芝居(新喜劇等)の伝統ってこの辺りに有るのかな?と想わせていただきました。舞台設定が新町の廓というのも嬉しかったですし・・・。


 それと、思うのは”言葉”です。昔の上方落語等を聞いても想うのですが、関西弁の台詞、語りって、すごくやわらかく感じられて良いです。(最近のTVのバラエティー番組等で聞くとそうは想えないのですが・・・)

 ただ、マイクのボリュームが少し低かったのか(特に幕が開いた直後)?、私の耳が悪いのか?台詞が、少し聞こえ辛かった気がしました。

 
 まあ、それはそれとして、生で観るのは楽しいですね。

 ますた

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :