2016/09
02
[ #859 ]

プラザ閉店

 8月31日を以て、西条駅前地区にあったショッピングセンター「西条プラザ」が閉店してしまいました。

 まあ色々と事情も有るのでしょうが、少し寂しく&不便になりますね。

 昭和48年(1973)年オープンということで、43年ですか・・・・・。

 

 


 私は西条という街で生まれ育った訳ではないのですが(少し離れた場所です)、それでも昭和48年にこの建物がオープンした時には、西条の駅前にえらく豪華なショッピングセンターがオープンしたと話題に成った記憶があります。

 そういえば、渋谷のパルコも同じ年の開店とか、あちらは一時閉鎖で大規模改装に入っているとか・・・・。

 そうあの時期、各地にこうしたショッピングセンターが出来た時期という記憶があります。

 (三原プラザとか、三次プラザ何てのも有った様な・・・・・)

 
 良くは判りませんが、大店法の影響といいますか、絡みも合ったのでしょうかね?
 まあ、時代風潮かもしれません。

 そして、パルコも大規模改修を行うということは、現在、そうした時期(建物の寿命や、消費動向の変化等)に来たということですかね。
 まあ、耐震基準の法的変更や消防法の変更といった事もあったのかも知れません。


 そういえば、このところ急速に古い建物が減っている気がします。

 全国的な物かもしれませんが、特に東広島はそんな傾向を感じます。

 各地の生涯学習センター(旧公民館)や消防署の立替・・・・といった事も行われましたし、駅も建て変わりましたしね。
 更に賀茂輝さんや、ホテルユーカリ・・・・、吟古館も解体されていますし、吉富蔵もかな・・・・・。


 街の賑わい、活性化といった面では良い事なのでしょうが、少々寂しく思えるのも事実。

 
 恐らく、若い頃でしたら古い物が無くなり、新しくモダンな建物が出来ると聞くとそれだけでワクワクしたと想うのですが、この歳になり、古い町並みに惹かれたり、そうした場所の歴史等の興味を惹かれるように成りますと、何というか、”もったいない”といいますか、寂しいといいますか・・・・・・。


 最近各地をドライブ等しても、殆ど同じような景色に見えますよね・・・・。都市のバイパス道沿いに、全国チェーンの量販店やレストラン、ドラッグストア・・・・等々、等々・・・・・。

 (恐らくはこれも大店法廃止の影響による物なのでしょう・・・・)


 確かに便利では有るのですがね・・・・・。


 何といいますか、そうした事も含め、21世紀になり、何かが変わりつつ有る気がします。


 古い地図等を観ていますと、徒歩で移動できる範囲に多くの店舗等が凝縮して存在している事がわかります。そして恐らく旧来の日本文化といいますか、日本人のメンタリティーは、この歩いて移動、生活することに拠って創生された物とも想うのですよね。

 そして、昭和の時代までは地方都市や街でも有る程度そうした商店街のような物が成立していた記憶があります。

 それらが今では殆どシャッター通り。

 そういえばこの度閉店した”西条プラザ”も、ショッピングセンターとはいえ、商店街が建物内に入っていたような雰囲気も感じさせる物でしたし、時代なのでしょうね?


 そして恐らくは、元には戻れないのでしょう・・・・・。


 何といいますか、何かの転換点なのかも知れないな?と、いう気がしています。

 
 

 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :