2016/12
01
[ #888 ]

リキュールのはなし 8

 以前、(18世紀半ば辺りから)19世紀には多くの薬草系のリキュールが発売され人気を博した・・・、といった事を書いた記憶があります。また、その大きな理由として当時の時代風潮、詰まりは科学万能論的なものがその背景として大きいのでは・・・・?何てことも。

 002_20161201125146c34.jpg  006.jpg  007.jpg

 (そういえばカンパリもこの時期か・・・・・)


 実際そうだったと思えるのは、例えばロマン主義・・・といった言葉・・・・。

 



 ロマン主義、ロマン派、大正ロマン、男のロマン、浪漫・・・・等々、色々流用されておりますが・・・(確かモーツアルトやベートーヴェンもロマン派に入ったかな?)。
 では、そもそもロマン主義、ロマンとは何ぞや?という話に成りますと、結構怪しかったり・・・・ 笑 。

 個人的には、この”ロマン”という奴を典型的に表しているのは、ナポレオンの「私の辞書に不可能の文字は無い」という台詞。

 まあ、実際ナポレオンがそう呟いたかどうかはさておき、世間では広く知れれた言葉ではありますが、実はこの台詞には前置きが有ったといわれます。

 其れは「科学の発達があれば」といった意味だったとか・・・・。

 詰まり、科学や産業経済の発達が在れば不可能は無い。ということ。
 実際、ナポレオンはそうした行動をとっていますね。
 まあ、当時の進歩主義といいますか、革命軍といいますか、時代風潮といいますか・・・・が、見事科学万能論的だった査証とも言えそうです。

 (嫌味ついでに言えば、自分に不可能は無いというのも、幼児的万能感の発露といいますか、まあ、男のロマンという台詞もどこか子供っぽさを漂わせている気もしますしね・・・・ 笑 )



 閑話休題、このナポレオン=ボナパルトの存在はリキュールを含めたお酒の発展や薬品の発展にも色々の影響を与えているのですよね・・・・。

 例えば、ナポレオンがヨーロッパを粗制覇した後、英国と対立。その際、大陸封鎖政策を行う訳ですが、其れに伴い海外から入って来ていた、砂糖黍のプランテーションで造られる砂糖の輸入量も激減する訳ですが、そこで彼は甜菜大根から造られる甜菜糖の生産量を増やす政策を大々的に行い、その生産量は劇的に増える訳ですが、ナポレオン失脚の後、再び海外から安い砂糖が輸入され始めると、甜菜糖は価格競争に敗れる訳です。そこで余った甜菜はホワイトスピリッツにその販路を求めるのですが、これをベースに色々のリキュールが造られる様にも成ったわけでしょう。

 また、ナポレオンの時代、ヨーロッパは大規模な戦乱に巻き込まれる訳ですが、戦争が各種薬品(特に麻酔薬)の需要や増大や発達をもたらす事も論を待たない訳でして・・・・。

 (そういえばベートーベンの弟は当時薬種問屋を商ったとかいないとか・・・・ 笑 )




 またフランス革命における、修道院の解体や困窮なんてのも大きな理由の一つかも知れません。

 フランス革命で解体された修道院を資本家が買い取り、そこの秘伝のリキュールを商品化して売り出したり、或いは困窮した修道院が収入確保も含め商品として売り出したり・・・・と、或いは王室等の御用達のリキュールも・・・と。


 更にフィロキセラ禍・・・・・。


 まあ、そんなこんなで色々の(薬草系)リキュールが造られ流通を始めたわけですが、まあ、お蔭様で現代日本においてそうしたものを楽しませていただけるわけでして・・・・・。


 何とも興味深いといいますか・・・・・何といいますか・・・・。

 まあ、そんな話です。
 

 

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  何てこったい   |   聖の青春  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :