2017/02
19
[ #911 ]

ヒップホップ

 最近はボールルームダンス(社交ダンス)なんて物をボチボチと習っているのですが(下手の横好きといったレベルではありますが)、確か10年ほど前まではジム(スポーツクラブ)でエアロビクスダンス等々をよくやっていました。

 そうしたジムのスタジオのプログラムにも結構流行りの様なものがありまして、確か90年代の終わりくらいから所謂”ヒッピホップ”系のダンスのクラスが多くなった時期があったと記憶しています。

 そして私も何はとまれ体験してみたのですが、これが難しいといいますか・・・、難しく・・・・。

 ダウンビート・オフビート系でリズムが取れない故か、はたまた力が入りすぎている故か・・・・、兎も角苦手だったのです。


 閑話休題、その後(確か15年程まえですか?)このヒップホップダンスが義務教育(中学生)の必修科目となると聞きまして、?????・・・といった印象を受けた記憶があるのですよね。

 何故に日本の義務教育でアメリカの不良のダンスを教える必要が有るのか・・・・?という訳です。
 (まあ、この”不良”何て言葉も古臭いですが・・・ 笑 )

  特に私がヒップホップ系のダンスが苦手だった故、余計其の印象が強かったのかも知れませんが・・・・ 笑 。


 
 しかし当時、そういった印象を持った人も多かった筈ですし、そうした論調もしばしば耳にした記憶も・・・・。

 それこそ”社交ダンス”や”日本舞踊”等々では何故いけないのか・・・?といった。
 (個人的には当時好きだったエアロビクスダンスがお勧め等と・・・・ )


 実際当時、ヒップホップ系のファッションやカルチャー、例えば腰履きしたスウェットパンツにしろ、空き地等でよく見かけるスプレー缶によるグラフィックにしろそうしたイメージは強く、またそれを支持している人も、所謂ヤンキー系とかチーマー系の若者が主流だったですしね・・・・。

 どうしてもそうしたイメージ(アメリカの不良や黒人等のカルチャー)は有ったはずですし今でもやはりそうした印象はどこかに有る気もするのですよね・・・・。


 しかしこれが、先日ある方とそうしたことについて少しばかりお話した結果、どうもこのヒップホップ(カルチャー)というものどうもそんなに単純な物でもなさそうだな・・・、と思い至った訳なのですよね・・・・。


 其の方のお話を聞き個人的に考えた結論としては・・・・・、



 ヒップホップ(カルチャー)とは、持たざる物でも可能な(最後の?)表現手段、或いは表現、文化、パフォーマンス・・・・といった様な物なのかな・・・と。


 確かに、社交ダンスにしろ、日本舞踊にしろ、結構コストが掛かるのですよね。
 日本舞踊やお茶といった家元制度のもと運営されているものは言わずもがな、社交ダンスもシューズや衣装等結構かかりますし(もっとも最近ではローコストで楽しむ事を目的としたサークルやプログラムも増えているようですが・・・・)。


 そうヒップホップダンスって、スエット(運動着や普段着)とスニーカー(運動靴)で出来る訳でして、元々がニューヨーク等の下町(貧民街?)発祥のストリートダンスですしね・・・・。


 そう、貧富の差に関係なく出来るダンスという事で(学校給食の始まりと同様の理由で・・・)必修科目に採用された・・・・・
 訳は無いか・・・・・・。
 (いや、そうともいえないか・・・・?)


 そう、持たざる物にも可能な・・・・、という論調からやはり思い出すのは・・・・。

 「己の肉体のみを使った暴力(腕力)は、持たざる物に残された唯一の抵抗手段であり、そうした状況における暴力は当然肯定されるべきである・・・。」という考え方。
 (革命理論とといいますか、テロの肯定といいますか・・・・ 笑)  
 
 
 現代の社旗風潮からしてもそれはなさそうですよね・・・・。
 或いは現代の格差社会を見越して導入された・・・・?まさかね・・・・。


 実際には、皆で出来るダンスをとうして仲間意識を醸成する為・・・云々、といった理由になっているようですし。


 まあ、このあたり余り穿ちをしても嫌われそうですし・・・・。


 ただ、ヒップホップというものも色々と背景等ありそうですし、まあ、音楽やダンス、絵画等のアートや文化、皆そうですが、そうした成立過程や歴史等々考えるのも面白い訳です。


 そうした話をして下さった彼に一寸感謝です。

 

スポンサーサイト

タグ :   ダンス  /   音楽  /

つぶやきCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  生ハムナイト   |   チョコレート  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :