2017/05
17
[ #934 ]

舞鶴他(街並み編)

 先日少々まとまった休みをいただきましてちょっとお出かけをしてまいりました。
 めぐって来たのは舞鶴他の日本海側諸都市です。


 実は舞鶴を訪れるのは初めて(正確には30年程前にオートバイで通過はしているのですが、雨中に通過しただけですので実質初です)。

 先ず目指したのは朝代地区。西舞鶴駅前から徒歩で向かいますが、其の手前高野川に掛かる橋を渡っている折に思ったのは、この街(西舞鶴)は江戸期に北前舟等の入る港町としてかなり繁栄していた街であろうという事。

 高野川


 高野川と国道が交わる辺りにも立派な商家建築が幾つか残っておりましたし、また先ず訪れた朝代神社にありましたこの巨大な灯篭等も其のあたりを想像させられるのです。

 石灯籠


 



 実は江戸期、特に幕末以前北前舟等の廻船の主流航路は日本海側だったと思われます。当時の廻船では銚子の鼻や遠州灘沖が結構な難所という事も有り少なくとも江戸中期頃までは日本海側の港町が発展していた訳ですし、また港町の神社等には化政期辺りから大阪あたりの豪商が立派な石灯籠を寄進している例も多いように思われます故ですね・・・・。


 閑話休題、この朝代地区を私が訪れたのはそれもありますが明治20年代に遊郭地となった故でして・・・・(相変わらずです)。
 どうも朝代地区の高野川沿いは往時商家街だったと想像されますが、その裏手が遊郭地とされたように思えます。もしかすると往時から茶屋や旅籠の在った地区かも知れません(一寸、米子の灘町遊郭と似た立地にも思えます・・・)。

 
 そして朝代神社の次に訪れた千野宮神社、これが良かったのです。

 此処の社を囲む玉垣・・・・。


 朝代玉垣1

 朝代玉垣2


 といった感じで・・・・記されている名前が・・・、・朝代貸席組合 ・朝代芸妓一同 ・霞月楼 ・・・と往時遊郭に存在した店等の名がずらり・・・・。

 更に入り口付近にはこんなものも・・・・。

 大門柱?


 大門の門柱に思えるのですがいかがでしょうか・・・?


 
 ということで周辺を少々徘徊。

 立派な木造3階建ての建物が残っていたり、他にも雰囲気のある建物がちらほら・・・・。


 木造3階建て  朝代建物


思うのですが古く(江戸期以前)からの港町はこうした色町の存在等に寛容な気がするのですよね・・・。そうしてこうした玉垣や碑等も割りと残されているように・・・・・。





 そして桂林寺という立派な寺も観させていただき・・・・・


 桂林寺


 田辺城址公園経由で西舞鶴駅に取って返しました・・・・。


 田辺城址公園


 因みに田辺城址、戦国武将細川幽斎が思い出されますが、この幽斎、信長暗殺の黒幕の一人なんて説も有ったり・・・・、まあ妄想が膨らみますな・・・・。それはさておき市民の憩いの場として愛されている印象でした。そこ此処に往時の石垣も残っていますし花も綺麗で・・・・・。


 
 そして西舞鶴駅から更にJRで一駅(思ったより遠いです)、東舞鶴駅に降り立ちました・・・・。

 ここでタクシーを拾い目的地を告げます・・・・。

 それは・・・・・。



   竜宮遊郭跡



 旧竜宮遊郭跡。
 (お約束です 笑 )


 因みにこれは私が愛読している書籍に掲載されている往時の絵葉書。



   往時の竜宮遊郭


 此処は明治30年代東舞鶴に海軍鎮守府が置かれた際に開かれた遊郭。

 この朝代と竜宮の関係、同じ軍港都市”呉”の吉浦遊郭と朝日町遊郭との関係を連想させられますね・・・。(私だけか・・・?)


 でこの竜宮遊郭跡ですが、かなり開発が進んで住宅地然とした雰囲気となっています。また空き地もチラホラ・・・・・。
 (このあたり土地の記憶の強弱か?あるいは立地に寄るものか・・・・)

 ただこの場所・・・、こんな感じで・・・・。


 植え込み


 往時のメインロードの中に造られた桜の植え込みの形が残っているのです・・・。(他所にはあまり無いのでは?)

 またこんな如何にもカフェー建築といった建物が残っていたり・・・・。


 カフェー建築



 結構雰囲気は感じられました。

 そしてそこから再び東舞鶴駅までバスでも使って帰ろうかと国道に出てバス停の時刻表を確認・・・・・・。


 が・・・・・。

 時間が中途半端な故か1時間以上バスが無い!

 仕方なく駅までトボトボと歩きましたが結構な距離・・・・。

 もしかすると戦後竜宮遊郭が流行らなかったのはこの辺も要因の一つかとも思われたり・・・・・。


 (そして商店街は西も東もシャッター通り・・・・、地方都市の悲哀を感じます・・・・)



 閑話休題、東舞鶴駅にも無事到着、これで私の舞鶴徘徊は一段落。そこ此処に花が植えられ綺麗な印象も有る街でした。




 明けて二日目、今度は金沢。

 金沢といえば私のような人間からすると東廓西廓となるところですが、此処は昨年割りとしっかり歩かせていただいております故今回は、21世紀美術館~兼六園~金沢城址公園~と定番コースを歩かせていただき、近江町市場で鮨をつまみに軽く一杯としました。


 さて21世紀美術館ですが、ちょうど展示がお休み(月曜日)ということもあり、ゆっくりと建物をめでさせていただけありがたかったですね。

 21世紀美術館


 正に現代アートを主に展示する美術館に似合った建物といった印象で興味深かったです。


 そして兼六園・・・・、此処は約30年振りですか・・・・。
 若い時はその魅力等良く判らなかったのですが、一歳拾うとまた違った味わいといいますか・・・・。


 兼六園


 こんな場所で金沢芸妓さんと・・・・・、何て思ったり(違うか・・・・)。


 そして金沢城址。

 此処も30年ほど前訪れている筈ですが記憶が・・・・・・。


 で、今回、思ったのは・・・・。
 ・石垣が魅力的。

 金沢城址

 &ともかく広い・・・、ということ。(流石加賀百万石ですかね・・・・)


 そして50間長屋も復元され・・・・・(これはこれで築城時の雰囲気が伝わって良いのかも知れません、賛否はありそうですが・・・)。


 そして近江町市場は相変わらずの人出。


 何といいますか金沢市、日本海側の唯一の勝ち組都市といった雰囲気も・・・・・。


 まあそれはそれとして、市場内で食べた鰯の握りずしが私の口に合い嬉しかったです(鰯、下魚ですが美味しいのです、足が速くてあまり握りなどにはならなかったりですしね・・・・)。




 更に翌日は境港。


 此処はノーチェックだったのですよね。港町ですし遊郭色町が存在しない筈は無いとは思っていましたし、若いころ訪れた印象も適度に怪しく・・・・・。唯、其の手の資料等にはほとんど記載されずで・・・。
 

 唯、少し前に、此処に昔栄町(桜町)遊郭なる物が存在したと聞き及び・・・・・、其の辺りを歩いてみようという事です。


 栄町遊郭跡



 が・・・・・・、雰囲気のある建物は見当たらず・・・・・・・。
 
 (やはり戦中の徴用船の事故による壊滅故か・・・・)
 

 栄町辺り


 この建物も一寸違う印象だし・・・・・。

 ということで、代わりといっては何ですが、水木しげるロード歩いてみることに・・・・・。



 これが思ったより良いのです・・・・。


 漫画で街起こし??? 等と思って訪れて無かったのですが・・・・これが結構魅力的といいますか、本気度が伝わるといいますか、手抜き感が無いといいますか・・・・・。

 はい、良かったです。


 特にこの”砂かけ婆”さんなんて、動き等、ちゃんと煮詰てあるな~~という印象で。


 砂かけ婆


 ホント良かったです。



 で、更に造り酒屋のかくうちで軽く飲んだりと・・・・・、


 精米歩合



 ハイ、結構楽しかったのです。
 境港。




 そして翌日は更に釜山で街歩き。

 韓国上陸は初めてです。


 国際ターミナル前から無料バスで南浦洞、チャガルチ近くに行き、先ずは国際市場の東の通りを歩いてみます、此処は帽子や鞄。靴といった商品が並んでいるのですが・・・・、余り魅力は感じなく、更に真ん中の通り、此処は厨房機器や食器が並んでいるのですが此処も・・・・、ということで、富平市場に移動してみると、此処は一寸DEEPな雰囲気で・・・・、路地(裏)好きの私としては結構好みといいますか・・・・・。

 此処で・・・、


 モペット


 働いてる感満載のモペット発見(私には車種不明)、人や店は写し辛いのでこんな物を撮ってみました。

 また、市場内といわず、歩道等もバンバン走っているスクーター、排気量の大小に関わらず大体こんな一体型のバンパーをつけています。

 スクーター


 これが釜山流なのですかね?




 それはそれとして、そこから忠武洞遊郭跡辺りに移動・・・・(相変わらずです)。


 この辺り10年余り前までは風俗街として栄えたらしいのですが、法改正により・・・・・・ということらしく。

 (そういえば我が国も風営法の改正等で風俗産業が派遣・デリバリー型に移行し店舗型は急速に目立たなくなっているとも思えるのですが、この辺りもグローバル化、西洋化、なのですかね?いわばコールガール化といいますか・・・・)
 


 閑話休題、この辺りと思われる場所を少々徘徊してみたのですが・・・・、ハングルが読めない私としては風情が・・・・・。
 (そう、朝代の玉垣みたいなのが好きなのです)


 忠武洞遊郭跡  つれこみ?

 これくらいで・・・・・。


 代わりに猫なんか撮ってみたり・・・・。


 釜山の猫


 まあ、港町ですから・・・・・。


 それから、忠武市場辺りを歩き(此処も雰囲気でした)、チャガルチ市場ビル(此処は観光化され過ぎの印象)、ロッテデパート(綺麗ですが広すぎて疲れました)、と歩き・・・、自宅から持ってきた地図を頼りに国際ターミナルまで歩き・・・・・。




 が・・・・。


 何か景色が違う・・・・・・。


 周辺を結構うろうろしてたのですが、やっぱり来がけにバスに乗った場所が判らない・・・・・。


 意を決して建物まで歩き内で人に尋ねると・・・・・・。


 此処は昔の国際ターミナル。1年ほど前にターミナルの移転がありまして此処からタクシーで5分程です。との返答。


 持って来た地図が古かったのですね・・・・・。

 疲れが一気に出まして(其の所為かここ数日体調が・・・・)、何はとまれ広い道まで出てタクシーを拾うことに。


 しかし、このタクシーの運転手さん愛想がよくまた日本よりリーズナブルで助かりました。



 とこんな感じで各地の町並みを徘徊した数日でした・・・・。



 因みにもう一つのテーマ、移動手段




 ロマンチカ  ネオ・ロマンチカ




 これの話はまた改めて・・・・・。

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :