2017/06
03
[ #938 ]

強いられる死

 数日前のこと、少々いやないやな気持ちになるニュースを耳にしました。それは「2016年我が国における若年層の死因の一位が自殺である」という物。
 更に具体的に述べれば、(5歳区切りで)15歳~35歳の年齢層において死因のトップが自殺であり、また他の先進工の場合其の年齢層での死因のトップは事故であるということ。また、人口に対する自殺率もいわゆる先進国といわれる国々の中では韓国に次ぐ高さ・・・云々、という話だった訳です。
 (確かに最近中高生のいじめを原因とする自殺のニュースが多かった記憶もあります。)


 そんな中思い出したのが以前読んだこの本の事。



       強いられる死



  「強いられる死」  =自殺者三万人超の実相ー      斉藤貴男

 です。

 



 少々前に読んだ本で細かいところは記憶が曖昧なのですが、かなり重い気持ちにさせられた本の印象が強く残っています。
 (あるいは過去に読んだ本の中でも有数に重い気持ちになった本かも知れません)
 確か著者自身もこの本を執筆するための取材の過程に於いてかなり重い気持ちにさせられた、といった意の事を記されておりましたのでそれが伝わったのかも知れません。


 閑話休題、基本的にこの本は主としてサラリーマン等の成人の自殺を主として取り上げていた様な記憶が有るのですが、その主要因としては、会社(あるいは社会全体)等からうけるある種のハラスメントといいますかいじめといいますか・・・、まあそうした事を書かれていて、いわば現代の荒んだ社会風潮全体に話は拡がっていた様にも思えたわけです。

 確か日本の自殺者の数が統計上3万人を超えたのはバブル崩壊と期を一にすると記憶しているのですが、いいかえれば所謂新自由主義的風潮が強くなった事に拠りそうにも思える訳でして・・・・。

 (因みに自殺者数3万人といいましてもWHOの基準に照らすと10万人超に成るなんて話も有ったりしまして、まあこの辺りは統計の手法等によりどんな形にもなりますし、実数の正確なところはよく判らないというか証明出来ないというか・・・・・、まあこの辺りの事を言い出すとキリが無いのですが・・・・)


 確かに、新自由主義という物、いわば勝てば官軍といいますか、弱肉強食の全面的肯定といいますか・・・・、ともかく生きる事、生活すること自体を自由競争、生存競争にしてしまう主義思想ともいえそうでして・・・・・。

 しかし、生活自体が無限の競争、あるいは椅子取りゲームと化すとそれはそれで辛いわけでして・・・・、言ってみれば勝つためには何をしても良いというか、勝者総取りというか、敗者には何も残らないというか・・・・。

 確かにプロスポーツの選手等は戦って勝つことが収入や地位に直結する訳ですし、勝つことが全てとも言えそうですが、本来そうした生き方は戦いが好きな一部の人が入っていく世界でもあったでしょうし、東洋思想的にいえば、いわば「修羅道」。特殊な世界であった筈で、一般に哺乳類(あるいは生物全般)無益な争いは好まない筈でして・・・・、それこそ和をもって尊しとする我が国には会わない気がしますし、全員が修羅道に落とされてもね・・・・・・、と。

 (そういえばノワール系の小説等を良く書かれる新堂冬樹という作家さんはある作品の中で登場人物に「地獄に落ちるのではない、この世界が既に地獄なのだ」といった意の台詞を言わしておりましたが、そうして意味では現代は既に地獄の様な物なのかも知れませんが・・・・)

 
 なんて書きますと、何を甘いことを・・・・等とお叱りを受けそうですし、死ぬ人間は自己責任だ・・・・、ともいわれそうですが、他者に対して「自己責任」何て言葉を投げつけるには如何な物かとも思うわけでして・・・・、大体死者を鞭打つというのは我が国に作法でも無い気も・・・・・。


 なんだか暗い話ばかり書きましたし、余り触れ易い事でもないですし、このテーマを細かくかきますとそれこそ切りがないのでいい加減にしますが、一寸考えても良い時期に来てるのかも・・・・とも。




 追記

 最近少し思うのですが、各種広告等みていますと、此処のところの社会風潮・・・・


 ・長生き=良いこと、正しいこと。        死ぬこと=悪いこと、間違ったこと。

 ・健康=良いこと、正しいこと。         病気になること=悪いこと、間違ったこと。

 ・安全=良いこと、正しいこと。         危険なこと=悪いこと、間違ったこと。

 ・安心=良いこと、正しいこと。         不安のこと=悪いこと、間違ったこと。

 ・清潔、無菌=良いこと、正しいこと。     汚れている=悪いこと、間違ったこと。


 といった感じで、弁証論的2元論といいますか、極端化している気が強くするのですよね。

 で、危ないからとカッターナイフすら使ったことが無い子が居たり・・・と。

 でも大体子供って危ないことや遊びがが好きですよね。で、一寸怪我をしたり・・・・。

 私もそれなりにして来た気もします・・・・、といいますか未だに”危ないから”といった理由で単車に乗っていたり・・・・(笑)。


 しかし思えばそうした危ない事、死を感じる事をするからこそ、自ら色々と考える事が出来る気もするのですよね。

 (哲学等される方って、岩に登ったり、冬山を歩いたり、単車に乗ったり・・・・なんて方が多い気も・・・・)

 もしかしたら、こうした危険なことを禁止されてきたのも(あるいは無菌室的環境、価値観)若年者の死へのハードルを下げているのか?とも思ったり・・・・。



 それに昔から普段の生活は不安を減じ、また無益な争いを避けるのが良いとしても、年に何度かハレの場=祭り等で危険なことをしたり争ったりをしてきたのが我が国の伝統文化というか、人類の知恵といいますか・・・・。


 すこしそうしたところに戻っても良い気もするのですがね・・・・。



 また、相変わらずの戯言になってしまいました。


スポンサーサイト

タグ :    /

本とか映画とかCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :