2017/07
04
[ #946 ]

ダンデライオン

 一寸古い本で、昔読んだ事があったのですが無性に再読したくなりまして先日図書館で借り出し読んでみた小説なのです


 この本です。



     ダンデライオン


 
  「ダンデライオン」   著者はメルヴィン=バージェス   英国人だそうです。

 
 因みにダンデライオンというのは「タンポポ」の事ですね。

 葉っぱのギザギザがライオンの牙に似ていることが名の由来とか・・・・。
 (そういえばユーミンの曲のタイトルにもあったかな・・・・・)

 



 閑話休題、何故急に再読したくなったかは私自身でも定かではないのですが、確か先日このブログに、”最近の日本の社会の空気が大正~昭和初期に似て拠っている・・・云々” 何て事をアップした記憶が有るのですが、実はそれと同時に戦後の英国の所謂”英国病”といわれた時代からサッチャリズムの時代にも一寸似てるのかな?と漠然と想った事がもしかすると理由かも知れません。


 そうこの小説、日本での出版は確か2000年頃だったと想うのですが、舞台は70年代末から80年代初頭位の英国が舞台なのです。

 
 ストーリーは”ジェンマ”という少女と”タール”と呼ばれる少年が(それぞれ?)家出をし、パンクス~ジャンキーへと転落していくといったものなのですが、それだけでは語れない魅力のある小説です。

 因みに原題は「JUNK」。
 ジャンキーのジャンクでしょう。

 
 何が魅力かといいますと、おそらく登場人物の心理描写。
 これですね。

 これがなんとも繊細かつ秀逸で引き込まれます。
 種青春小説の傑作ともいえそうですし。
 また当然のことながらデカダンス小説です。(もしかすると若い世代には太宰の小説同様の受け方をするかも知れません。)


 確か著者は執筆当時40代のおっさんでしょうが、若者の心理描写はホントみごとです。

 そういえば同時期の英国の若者を描き話題となった映画に「トレインスポッティング」作品がありましたが、比較すると面白い印象というか・・・・・、けっこう雰囲気は違いますがね。



  
 一寸話は変わりますが当時結構存在感があった”パンク、パンクス”の若者たち、最近余り見かけない気も・・・・。

 そう、あの頃のパンク、そのトンガリ具合・・・、存在感があったというか一寸惹かれるというか。それも私がこの本に惹かれる理由かも知れません。


 装丁画も雰囲気ですよね?

 因みに裏表紙の装丁画は・・・、



    裏表紙

 

 こう。



 そういえば先日、あるTV番組で若者の意識が相当に保守化しているといった事を伝えていましたが・・・・。

 もちろん所詮はTVですし、インタビューの結果からのものということでどれほど信用できるかはさておき、確かに、そうした事は感じますよね。
 安全思考というか、ともかく言質をとられない様なしゃべり方というか・・・・。素直すぎるというか・・・・。


 別にパンクスになれとはいわないですが、少しばかり自分の頭で考えるとか、尖がってみるとかも大事な気もするのですがね・・・・。


 まあ、そんな事も思う小説、若い世代に勧めたくなる小説ですね。



 追記

 もしかするとパンクの代わりに、ヒップ・ホッパーなのですかね?


 

 

スポンサーサイト

タグ :    /   映画  /   音楽  /

本とか映画とかCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪     |   ビールのはなし 5  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :