FC2ブログ
2018/01
19
[ #999 ]

広重

 先日こちらも観賞て来ました。


    広重


 ひろしま美術館で開催中の 「歌川広重の世界」 展。
 
 
 またまた浮世絵。そう好きなのです。


 とはいいましても今回展示の歌川広重の保永堂版”東海道五十三次”のシリーズ、実はじっくりと愛でさせていただいたことが無かったのです。
 理由は色々と有るのですが、余りに著名すぎてなんとなく観た気になっていたのもそのひとつかもしれません。
 子供の頃に永谷園のお茶漬けの付録にこのカードが入っていましたよね?応募すればそろい物が貰えた様な記憶も・・・・。
 また単独では結構様々な浮世絵展でも展示されていたり・・・。
 それとやはり浮世絵は女絵に惹かれる面が強く、どうも風景画にはいまひとつ惹かれなかったとかと、やはり化政年間以降のベロ藍が積極的に使われだして以降の物は一寸けばけばしい印象が有ってとか・・・(等々)。
 

 そんなこんなであまりじっくりと観てはいなかった訳ですが、今回の展示がひろしま美術館に巡回してくる事を聞き及び、また他の美術館で観賞されたお客様等の評判も良く何はとまれ覗いて観る事にした訳です。

 併設展示の”根付”展も気になり。



 でその感想ですが、この保永堂版の東海道五十三次の揃い物。確かに名作の呼び声高いのも納得でした。
 特に初刷り、かつコンディション良い物ばかりの展示という事も有ったのでしょうがなるほど名作といいたくなりましたね。
 また後刷りの物や佐野喜版も展示されておりまして、その辺りも興味深かったです。
 (佐野喜版に賛としてつけられた狂歌等も魅力的です)


 また江戸の名所シリーズ等も展示されており・・・・。

 その構図などからフランス等の印象主義作家に多大な影響を与えたことで著名な名所江戸百景シリーズ。それも含め兎も角江戸時代のわが国の美しさ、良さといったものを再確認させられた気がしました。
 また作者の広重自身もそうした物=江戸や各地の風景や風情、風習やそこに生きる人々、に対する深い愛情をもった人であったでろうということが感じられる展示でした。


 その中でも特に保永堂版の五十三次は最も精魂込められたシリーズかなという印象(といいますか、東海道五十三次が売れ一躍人気絵師となり、その後は少し仕事に追われる面も有ったのかな?等と思ったり)。

 小説等でもそうですが、デビュー作あるいは出世作の魅力といった物って存在する気がしますよね。


 また蛇足ですが、東都名所シリーズの吉原の絵(鳥瞰図的三枚続きの物)の実物が観れた事も嬉しかったです。



 もうひとつの”根付”展の方はというと・・・全体的に現代作家物が多い印象でした。
 その中で個人的に魅力を感じたのは、入り口付近に展示されておりました、帯と煙草入れや印籠と一式で展示されていた物。

 やはり根付は基本的には実用品といいますか、そうした面が強い物に思えるわけでして。”用の美”といいますか、個人的にはそこに惹かれるのですよね。で、近現代の作品は美術品や作品としては面白いのですが、どうもこの”用の美”という物が・・・。
 ということで少しフィギュアっぽく感じてしまうといいますか・・・。やはり皆が和服を着ていた時代の物に惹かれましたね。

 そんな展示でした。



 追記

 その後、シャレオ地下広場で開催中の古本市に引っかかりつまらない物を衝動買い。まあそれもそうした場の楽しみのひとつではありますが、そういえばついに東広島から古本屋が無くなるとか・・・・。
 リサイクル本屋も便利でしばしば立ち寄るのですが、古本屋が無くなるとは少々悲しいですね・・・・。

 やはり街場には古本屋、必要ですよね?
 大学だってある訳だし・・・・。


 ほんと西条駅前に古本屋らしい古本屋が一軒位ほしいですね。

スポンサーサイト

Copyright © ますた [バーテンダーと呼ばれる程のバカは無し] All rights reserved.

≪  おしゃれ?   |   衝動買い  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :